北海道

【礼文島】愛とロマンの8時間コースで花の浮島を歩く【トレッキング】

スコトン岬の駐車場

最北の離島からこんにちは!

ただいま僕は北海道にある最北の離島「礼文島」にきています。

礼文島は通称「花の浮島」と呼ばれるほど花々と緑が美しい島。しかも寒冷な気候から低地でも高山植物が見られるという特徴があります。

自然豊かで海もきれい。

そんな礼文島を楽しむなら!

車?チャリ?

ノンノンノン。

トレッキングでしょーが!歩くのが一番でしょーが!

礼文島の自然を満喫するならトレッキングがオススメ

小さな島礼文島はトレッキングが人気の島です。それゆえレッキングコースも豊富。

  • 8時間コース
  • 礼文林道コース
  • 桃岩展望台コース
  • 岬めぐりコース
  • など

距離が短いのから長いのまで自分の体力に合わせてトレッキングできるようになってます。(「礼文島トレイルオフィシャルウェブ」に各コースの詳細が書いています)

そして上記のコースに加えて、今回僕が歩いた「愛とロマンの8時間コース」が存在します。

愛とロマンの8時間コースの地図愛とロマンの8時間コースは実は11時間くらいかかる

コースは上の写真の赤線部分です。

見てもらったらわかるように、礼文島の西側をほぼほぼ歩くことになるコースです。

30キロ弱歩くことになり、8時間となまえに入ってますが実際は11時間くらい歩くことになるロングコース。

30キロって普通に長い…

正直、普段から運動とかしてない僕みたいなタイプには体力的に結構キツいコース

しかし、岬から海を眺めたり、花を見たり、自然を感じるという意味では最適なコースでしょう。

桃岩荘の外観3大バカユースの1つだそうで。

この「愛とロマンの8時間コース」は礼文島にあるユースホステル「桃岩荘」によって作られたコースで、コース名の由来は

「最初は顔も名前も知らない旅人同士が共に歩いているうちに友情が芽生え愛が生まれロマンに発展する」

引用:Wikipedia

だそうです。

つまり

おい!君!ワンチャンあるかもだぞ!

てことです。

そんなことよりまじWikipediaってなんでも乗ってんな。

桃岩荘の「愛とロマンの8時間コース」の説明会注意点とか色々教えてくれます。

ワンチャンどうこうは置いといて、「愛とロマンの8時間コース」を歩く場合は前日に桃岩荘に宿泊して夜に行われる説明会に参加します

桃岩荘のミーティング歌って踊る桃岩荘

ちなみにこの「桃岩荘」

夜になるとミーティングと称してみんなで歌って踊ってする、だいぶクセ強めのかなりやかましい宿となっておりますので色々調べてからきた方が無難です。

ほんと好き嫌いがはっきり分かれます。

僕はまあまあ好きです。

フェリーで見送りしてくれる桃岩荘お見送りもしてくれる桃岩荘

フェリーで帰るときに見送ってくれるようなあたたかい宿。

ヤバい宿だけどファンもたくさんいるいい意味でヤバい宿です。一回くらい行ってみると楽しいかも!

「愛とロマンの8時間コース」で礼文島を歩く

桃岩荘のハイエース朝が早い

ということで「愛とロマンの8時間コース」を歩いてきます。5時起き!

スタート地点の礼文島の左上にある岬「スコトン岬」までは宿のハイエースで送ってくれるそうなので車に乗り込みます。(基本は路線バスでスコトン岬まで行くらしい。ラッキーだった)

スコトン岬に向かう車中の様子桃岩荘→スコトン岬は車で45分くらい。けっこう遠い。
礼文島から見える利尻島海岸線を移動中、車から利尻島が見える
手作りの圧縮弁当

そういえばお昼ご飯として桃岩荘で販売してる「圧縮弁当」たる手作り弁当を買いました。(確か500円也)

どんなのが入ってるのかお昼が楽しみ。

圧縮ってどう言う意味なんだろう。米カッチカチなのかな。

礼文島の野生のアザラシおっ?アザラシ見えんの?

弁当のこと気にしていたら途中アザラシが観れるスポットによってくれました。

礼文島って野生のアザラシ見れんの?

礼文島の野生のアザラシまじで見えるじゃん!

おお!これけっこうすごくありません?普通に海みたらアザラシいたんですけど。しかも大量。アザラシって水族館で見るもんじゃないんか。すげーな礼文島。

スコトン岬の駐車場スコトン岬到着!

アザラシ見たあと、愛とロマンの8時間コースのスタート地点である「スコトン岬」に到着。

スコトン岬から見える海馬島あれはトド島

向かいに見えるのは海馬島です。

海馬。

これで「トド」って読むんですって。遊戯王世代はふつうに「かいば」って読むよね。

スコトン岬記念写真のポージングって困りますよね

出発前に今回の参加者と一緒に記念撮影しときました。総勢8人。ちなみにこの時点で朝の7時です。

愛とロマンの8時間コースの途中 これから11時間歩きます

ということで出発です。

愛とロマンの8時間コースの途中で見つけた植物なにこの植物

途中、草なのか花なのかわからない植物がありました。これなんですか?

礼文島のトレッキングコース天気がイマイチ

この日はなかなか天気がよろしくありません。

ちょっと山を登ったらあっという間にガスってしまいました。

礼文島の景色多分晴れたら絶景

全然見えない。

礼文島に咲く花花はたくさん咲いてる
礼文島に咲く花たち名前とかわからんけど色々咲いている
ゴロタ岬8時ごろ:ゴロタ岬到着

ガスってんなとか思ってたら出発から1時間くらいで「ゴロタ岬」に到着。

きっと景色いいだろうけど天気悪くてよくわかりません。

礼文島のトレッキングコース自然がすごい

めっちゃ歩きます。

11時間歩くことになるわけだから、1時間くらい歩いたくらいじゃまだ10分の1以下。

流石にまだ疲れてないけど、後半大丈夫かな?

スカイ岬10時:澄海岬に到着!

出発から3時間くらい経って「澄海岬」に到着。

ここはトイレとご飯たべれるところがあります。けっこう疲れてきたのでちょうど良いタイミング!

礼文島のトド串トドを食らう!!

中に入るとトド串たるものが売っていました。トドって食えんの?

参加者の1人が買って少し食べさせてもらえたのですが、けっこうクセのある味でした。あんま美味しいって感じではなかったです。

ちなみに礼文島はトド食べるけど利尻島では食べないらしい。

澄海岬観光客がたくさん

トド串食べてからスカイ岬へ移動。ちょうど団体のバスがご到着でめっちゃ人がいました。

澄海岬いい景色

ドン曇りなので景色はこんな感じ。天気が良かったらかなり青い海が拝めます。

礼文島のトレッキングコース曇り気味

けっこう長めに休憩してたらしく時間がやばくなってきたので先を急ぎます。

【昼休憩】桃岩荘の手作り弁当「圧縮弁当」の中身は?

礼文島の愛とロマンの8時間コースの休憩場所12時30分:ついに昼メシ!!

出発から5時間30分後、お昼休憩タイムに!

ここでだいたい半分の地点。5時間30分歩いて半分ってどゆこと?だいぶ疲れた!

圧縮弁当圧縮弁当をついに開ける時が!

けど疲れた分だけ美味しくなるのが飯ですからね。こんな待ち遠しかった昼メシは久しぶりですよ。

それに圧縮弁当の中身がついにわかる!何が入ってるんだ!

圧縮弁当

開封の・・・儀!!!

圧縮弁当の中身

うお〜〜!!!米がパンッパン!確かに圧縮弁当って感じだ!

すんごいシンプルだけど、疲れてるのもあってめっちゃ美味しい!なかなか量も多いのだけどペロリでした。

礼文島のトレッキングコースまた歩きます

めっちゃ疲れてたのですが昼メシ食ったら全快しました。メシってすげえ!

愛の生まれる砂滑り

すげー傾斜のところにやってきました。

ここは砂滑りと呼ばれるポイントでいい感じに滑って下って行くらしいです。

「愛とロマンの8時間コース」の愛が生まれやすいところでもあるらしく、ここでかっこいいところを見せればワンチャンあるんだと思います。

とはいえものすごい傾斜です。

 

コワイな。

 

うん。チョットコワイな。

 

いけるかな。

 

礼文島の砂滑りを滑る様子こうやって滑るのか!

と軽くビビってたら参加者の1人がめっちゃ軽快なステップで下っていって笑いました。

何度かこのコースを歩いたことがある方ということでしたが、すげーうまいな。かっこいい。

礼文島の海海だ!

砂滑りで死ぬほど砂が靴に入ったあと次は海岸沿いを歩いていきます。

礼文島の昆布昆布だかワカメだかが打ち上がってる
礼文島のうにうにも打ち上がってた!
宇遠内の休憩所の外観14時15分:宇遠内に到着

出発から約7時間、宇遠内という地域の休憩スポットに到着。

ここめっちゃ良かった!油断してるとずっと休憩してしまう場所です。

宇遠内これはくつろげる

建物の中に入るとこんな感じになっていて、

宇遠内の昆布とワカメお土産にいかが?

持ち帰れる礼文島で取れた昆布やワカメが売ってたり、とれたての刺身が食べれたりします。すごい!

宇遠内で売ってる飲み物飲み物もいろいろ

ジュースやビールも売ってました。酒はヤバい。

宇遠内の海産物優しい

ここのおじちゃんおばちゃんはすごい気さくな良い方でい貝とか食べさせてくれた。

ここ「宇遠内」は道路に面してません。だから車で来ることのできない。ボートに乗ってくるか。歩いて峠越してくるかしないとたどり着けない辺境の地です。こんなところで生活してる人がいることにめっちゃ驚きました。(冬は別のところに行くっていってたけど)

礼文島の林道林道をひたすら歩く

なんだかんだ快適すぎて30分チョット休憩してしまいました。先を急ぎます。

てかまじでだいぶ疲れてきた。ヤバい。

けど先頭を歩く人たちは全然余裕な表情なので、日頃の運動不足を実感します。

礼文島の林道あ!アスファルトの道路が見えた!

いやまじで疲れた。

とはいえ、この辺で出発して10時間30分くらい経ってるの「愛とロマンの8時間コース」もいよいよ終盤です!

これだけ長時間歩くとトレッキングに慣れてる人はケロって顔してるし、慣れてない人はめっちゃきつそうな顔して如実に体力差を感じますね。

もちろん僕は後者です。

11時間かけてようやくゴール

礼文島のトレッキングコースあと少しで帰れる

体力は限界だけど、あと少しでゴール!

うお〜残りはアスファルの舗装路を歩くだけだぜえぇぇ!!!

 

新桃岩トンネル新桃岩トンネル

このトンネルを抜けたらゴールの桃岩荘はすぐそばだぜぇぇ!!!

新桃岩トンネル1キロくらいある長いトンネル

トンネルもっチョットで抜けるぜえぇぇ!!!

礼文島のトレッキングコース意外とまだ遠い

抜けたらすぐ桃岩荘かと思ったらまだけっこう歩くぜぇぇぇ!!!!

礼文島のトレッキングコース疲れすぎてげっそり

いや。もうけっこう体力限界!

めっちゃ足痛い!トンネル抜けたらもう少しってイメージあったけど意外と歩くわこれ。

勢いだけでいけるかと思ったけど、キツイキツイ!

桃岩荘ついに見えた!

あっでも桃岩荘見えてきた。

桃岩荘待ってくれてる!

ヘルパーさんと先に到着してた人がお出迎えしてくれてます!こういうのは元気でますね!

桃岩荘ゴールだ〜!

めっちゃ旗振ってお出迎えしてくれてる〜!

やっと帰ってこれた〜。

桃岩荘記念写真のポージングって困りますよね

最後にみんなで記念写真撮りました。7時にスコトン岬を出発して桃岩荘についたのが18:30。11時間30分かかりました。

いや〜死ぬほど疲れたけど、いい思い出になったな〜。

正直、天気があまり良くなかったので景色はあまり楽しめませんでしたが、礼文島の自然の中を初めましての人たちと歩く。その行為自体がとても楽しく思い出深いものになりました。

礼文島に限りませんが離島ってのはとても良いですね。普通の旅行よりも非日常感が強いというか。特別な体験をした気分になれます。

明日、礼文島を出たらまたいつも通りの日常に戻るわけですが、今日を思い出して頑張っていこうと思います。

礼文島のフェリーが欠航になんてこった

まっ次の日フェリー欠航して帰れなかったんですけどね。わーお。

 

おわり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です