北海道

【カオス】危険すぎる動物園「ノースサファリサッポロ」が楽しすぎてヤバかった

札幌南区にある危険すぎると有名な動物園「ノースサファリサッポロ」に行ってきたのでその様子をレポートしていきます!

「危険度MAX!」とか「ヤバすぎる!」とか「ノースサファリサッポロ」って調べると出てくるんですけどその通りでした。

危険度MAXかはわかんなけど確かに危険なところはあったし「ヤバすぎる!」についてはマジでヤバかった。

ただ危険なところもあるけどそれ以上に超楽しかったです!

ということで今回は危険で楽しいヤバイ動物園「ノースサファリサッポロ」の魅力をご紹介してきます!

いざ!ノースサファリサッポロへ!

ノースサファリサッポロの入り口入口にはでっかい犬がいます。

入園料は大人1500円、小学生以下500円、3歳以下無料です。

ちなみにこれは買った後に知ったのですがコンビニで割安のチケットやバスとセットになったお得なチケットがあるので事前に買っておくとスマートです。

ノースサファリサッポロのチケット入園券はなくさないように

こちらが入園券です。再入場する時にも必要になるのでなくさないようにしましょう。

ノースサファリサッポロの看板実はめちゃめちゃ広大なノースサファリサッポロ

それだけでなく入園券は少し離れたところにある別会場の「デンジャラスの森」や「アドベンチャー」に行くときのも必要になるのでチケットをもらったらすぐに食べてしまう癖がある人は同行者に預けておくことをおススメします。

ライオン突如として現れるデカいlライオン

入園券を買うとすぐ目の前に現れるのがこの巨大なホワイトライオン。なんともB級感のある佇まいがたまりません。

喉部分が園内への入り口になっており冒険心をくすぐられますね!

ちなみに左の見切れてる看板には・・・

ノースサファリサッポロの免責事項こんな免責事項がある動物園ってある?

免責事項が書いてあります!ケガしても自己責任だって!コワいね!

さてさて自己責任という言葉を胸に刻んでホワイトライオンの中に入っていきますと

ライオンの中中は結構狭い

頭蓋骨があります。

超コワくない?自己責任って言われてからの頭蓋骨は超コワくない?

今日ちゃんと帰れるのかな~と一抹の不安を覚えながら進んでいきます。

入口すぐに頭蓋骨ってどういう世界観なんだろうか。

ライオンの出口出口はもっとせまい

ここはホワイトライオンの出口部分。結構狭いので体格良い人だと結構窮屈だと思います。

ライオン肛門から出るという初めての体験

ホワイトライオンから出た後に振り替えるとこんな感じ!

実は肛門が出口だったという衝撃的な事実に動揺を隠せませんが、もっと驚きなのは右側から進めば別にホワイトライオンの中に入る必要がなかったということでしょう。

肛門から出るのなんて絶対にヤダ!というプライドをお持ちの方は右側のルートから入ることをおすすめします。

近すぎ触れすぎな動物園

ペリカンこっちを向かないペリカンたち

ノースサファリサッポロの魅力の一つが動物との距離との近さ!

檻がある動物の方が少ないくらいでとにかく動物にめっちゃ近づけます。かまれるという危険性も少なからずあるので全員におすすめはできませんが、動物好きなら超テンションが上がる場所ではないでしょうか。

サル男の人に良くなつくらしい

他の動物園とは比べ物にならないくらいとにかくさわれます。

サルやミーアキャットや小さめのワニなどふれあえる動物の数が尋常じゃないです。

それといろんな動物が同じ空間が飼育されているので他ではみられないカオスな光景を見ることができます。

ペンギンとカンガルー同じ空間にペンギンとカンガルーが

ペンギン越しのカンガルーが見れたり

イグアナとカピバライグアナfeaturingカピバラ

イグアナとカビパラの共演を写真の納めたりできます。他にもたくさんあります。

ワオキツネザルとケヅメリクガメワオキツネザルは人の肩にも乗ってきます

ワオキツネザルがケヅメリクガメに乗っている光景も見ることができるのですが、ワオキツネザルがケヅメリクガメの背中で小便をしている姿を見た時は心が痛みました。

ミーアキャットのエサやりキャッシュポイントのおおいノースサファリサッポロ

ただでさえ動物と触れ合えまくれるノースサファリサッポロですが、もっとふれあえまくりたいひとは園内にいくつも設置されたエサやり体験をしてみるといいでしょう。

100円200円くらいでできてしまうのでついつい財布の紐が緩んでしまいますが、物たちのハートをキャッチしたい人には全力で課金していってほしいです。

アヒルレースにアニマルからくリレーがみれるイベント会場

看板イベント会場は少し離れてるので看板を頼りに移動

メインゾーンだけでももっといろいろ紹介できるところがあるのですがそうするとすっごく記事が長くなるので割愛します。

一度外に出てイベントゾーンに向かいます。

イベント会場までの道のりイベント会場までの道のり

こんな怪しげな道を5分ほど進んでいくと・・・

イベント会場ついた

動物イベント会場へ到着!ん~B級感のあるゲート!

アニマルからくリレーアニマルからくリレー

ここで開催されるイベントの一つ「アニマルからくリレー」は天才志村動物園で相葉君が考案したものらしくて人気のイベントっぽかったです。

アカハナグマやミーアキャットなどいろんな動物が出てきてピタゴラスイッチみたいに装置が動くという内容でスゴかわいいです。

アヒルレースアヒルばたばたはしててかわいい

もう一つのイベントがアヒルレース。

名前通りアヒルが先にあるゴールを目指すというイベントですが途中エサのパンがあったりで意外とレースが読めなくて面白いです。

また上位2位を当てると釣り堀無料券がもらえるので応援する側も熱が入ります。

 

View this post on Instagram

 

#アヒル #合鴨 #チキチキレース #競争 #パン #食べずにはいられない #1位 #何色 #勝利 #dack

Minori Kawamuraさん(@minori642)がシェアした投稿 –


↑こんな感じでして結構白熱します。

名前通りデンジャラスなデンジャラスゾーン

デンジャラスの森デンジャラスの森入口

イベント会場をもっと奥に行くとあらわれるのが「デンジャラスの森」です。

名前から怪しいにおいがプンプンしますがどんな内容になっているのでしょうか。

命の保証はできない誓約書アリのデンジャラスゾーン

デンジャラスゾーン怪しい外観

「デンジャラスの森」に入ると絶対に目に入ってしまうのがこの「デンジャラスゾーン」

怪しい名前の場所にあるさらに怪しい場所ということで警戒心がマックスになりますが、さらに警戒心を抱かせるのがこの誓約書!

デンジャラスゾーンの誓約書そんなにデンジャラスなのかな・・・

なんとこの「デンジャラスゾーン」は誓約書に同意しないと入れない危険エリアなのです。

デンジャラスゾーンの署名の紙名前を書いていざデンジャラスゾーンへ

署名も書かないと入れません。

誓約書に同意しないとはいれない「デンジャラスゾーン」はどんなところなのでしょうか?

私も初見ということでチョット緊張しましたが行ってきました。

インドタテガミヤマアラシのハリハリめちゃくちゃかたい

「デンジャラスゾーン」に入るとはじめに長靴を貫いたトゲが出てきました。

落とし物かな?っと良心にあふれた私は勘違いしてしまったのですがこれは「インドタテガミヤマアラシ」のトゲだそうで、超危険です。

インドタテガミヤマアラシインドタテガミヤマアラシ寝てた

こえーな~と思って入ったら絶賛お眠り中でデンジャラス感は一切なしでした。

起きてたらスリルありそうです。

デンジャラスゾーンのピラニアお次はピラニア

つづいてはピラニア!

ピラニアといえばアニメや映画で落ちた人間を骨だけにするというイメージがあるので何だかコワいですね!

デンジャラスゾーンのピラニアけっこう足場は狭い

こんな感じで細い木の上を歩いて渡っていきます。ピラニアは水の中にいてよく見えないのであんまり怖くなかったですね。やっぱおちたらヤバいのかな?

次はミールワームゾーンだったのですがややグロかったので写真は載せないでおきます。

デンジャラスゾーンのワニ最後はワニ

そして最後がワニゾーンです。デンジャラスといえばワニですからね。ワニ=デンジャラスは全人類の共通認識でしょう。

デンジャラスゾーンのワニワニが映ってないからコワさが伝わらない

こんな感じの透明の橋を渡っていきます。下にワニがいてコワいです。

あと高さも結構あるので落ちたら単純に痛いと思います。ワニと高さのダブルでデンジャラスですね。

橋を渡り終えたらデンジャラスゾーンは終了です。

デンジャラスゾーンは普通に見る分にはデンジャラスではないですが一緒に行った奴が背中押してくる奴だったらめちゃめちゃデンジャラスだと思いました。

危険すぎる!檻の中に入ってトラにエサやり体験

ベンガルトラのティガー犬とトラが一緒に生活してるってすごい

「デンジャラスの森」のもう一つの見どころが檻に入ってのベンガルトラへのエサやり体験。

なぜこんな危険なことができるのかというと、ベンガルトラのティガーは犬のエルサと小さいころから同じ檻で飼育されており、そこで犬(エルサ)>トラ(ティガー)という力関係が発生しているらしく

結果的に犬(エルサ)がしたがっている人間に対してはトラ(ティガー)も従うようになっているそうです。

ベンガルトラのティガーエサやりはいつもやってるわけではないらしい

マジの目の前でエサやりができて驚きです。がつがつ来そうで怖いですが想像しているトラとは思えないくらい優しくエサを食べてくれます。

ベンガルトラのティガー可愛い顔をしてる

うお~近い!

エサやり中は鎖につながれているので近づきすぎない限りは襲われることはないでしょう。

トラにここまで近づける体験はおそらくノースサファリサッポロだけですので訪れた際はぜひやってみてください。ただ檻に入ってのエサやりは1000円とちょいお高めです(笑)

ベンガルトラのティガー外からのエサやりの様子

コワい場合は檻の外からのエサやり体験もできます。こっちは500円。ちょっとだけ安い。

そのほかワシ・タカ・フクロウなどたくさん

トビのぴーちゃん。トビのぴーちゃん。

その他デンジャラスゾーンにはトビやワシ、タカがいたり

モリフクロウモリフクロウもかわいい

フクロウがいたりします。

デンジャラスゾーンの猛禽類近いからめっちゃ写真が撮りやすい

猛禽類がこんなに目の前でみれるのもなかなかないですよね。

ノースサファリサッポロは動物撮影する場所としてもおすすめです。

ゲテモノもたべれるよ

フードエリア

ノースサファリサッポロ内にはいくつかフードエリアがあるのですが中でも目を引いたのはこのお店。

バーベキューやジンギスカンなど食欲をそそるメニューが並ぶ中こんなメニューを見つけました。

ゲテモノのメニュー食べる人いるのかな・・・

そう!ゲテモノ!

ヤモリやサソリの姿揚げやまんまカブトムシなどツワモノぞろいです。

記事にしてるってことは食べたの?と思ってるかもですが食べてません。

昆虫はビタミンやミネラルなど栄養価が高く非常食としても注目されてるらしいですが普通に食べたくないのでスルーしました。

食べている方の記事を紹介するのでそれで許してください。

参考:危険すぎる「ノースサファリサッポロ」のフードはやっぱりデンジャラスだった【北海道】

次に行きます。

トランポリンにジップライン!大人も楽しめるアドベンチャー(アクティビティ)

ノースサファリサッポロのシャトルバスシャトルバスは最寄りのバス停にも停まります。

ノースサファリサッポロにきたなら動物園だけじゃなくてアクティビティも外せません。

さまざまなアクティビティで楽しめるアドベンチャーエリアまでは無料のシャトルバスで向かいます。

シャトルバスの車内なかなか年季の入った車内

余談ですがバスの中はなかなかボロボロですでにここからアドベンチャーが始まっている感があって良きです。

アドベンチャーエリアの入り口シャトルバスの停留所から入口までは徒歩3分くらい

シャトルバスを降りて進んでいくとアドベンチャーエリアの入り口が見えてきました。

アドベンチャーエリアのロッカー無料のロッカーはありがたい

中には無料のロッカーがあるので思う存分遊ぶために利用しましょう。

アドベンチャーエリアではジップライン、フリークライミングなど無料で遊べるメニューとミニセグウェイ体験や水陸両用車ジャングル探検などの有料メニューがあります。

無料メニューでも十分楽しそうなので今回は無料メニューを遊びつくします!

アドベンチャーエリア雨のせいか人が少ない

アドベンチャーエリア内はこんな感じになっておりまして、ご覧のように訪れた日は小雨が降りしきる悪天候でした。

しかしせっかく来たので遊んでいこうと思います。

うおぉぉおおおおおおお!!!!!!!

うおぉぉおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

うおぉぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

 

っとこんな感じでトランポリンなんかは濡れていてやや不快感こそありましたがめちゃめちゃ楽しかったです。悪天候で人も少なくて遊び放題でした。

ジップラインは特に楽しくて2回やりました。大人でもハマりますこれは。

無料でも十分すぎるくらい楽しめるので動物見るのお腹いっぱいになったらぜひアドベンチャーエリアにも来てほしいですね。

まとめ:ノースサファリサッポロは超楽しい!

以上札幌市南区にある「ノースサファリサッポロ」の魅力をご紹介しました。

危険と話題な動物園でしたが、その危険性ふくめ子供から大人まで楽しめるスポットだと感じました。

癖のある場所なのでスキキライが分かれそうではありますが私としてはすごく好きな場所です。全部で5時間くらい遊んでました。

遊び疲れたので近くの小金湯温泉で汗を流して帰るのがおすすめです。

ということで「ノースサファリサッポロ」家族や友達、カップルでぜひ訪れてみてください!

ノースサファリサッポロのアクセス情報・営業時間

  • 札幌市内から車で約30分。駐車場有(有料)
  • 公共交通機関の場合最寄りのバス停「豊滝小学校」からシャトルバスの利用ができます。(送迎ダイヤルは公式ページでご確認ください)
  • 営業時間は季節によって異なるため公式ページからご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です