引っ越し

自分で引っ越しをしたのでかかった費用や必要なものを公開!軽トラよりもバンがおススメ!

表題通り引っ越しをしました。

引っ越し業者にお願いするか悩んだのですが、私は1人暮らしの中でも荷物が少ない部類だと思うので自分で引っ越しできるのではないかと思い実行に移しました。

そこで今回は実際に私が自分で引っ越ししたときにかかった費用や事前に準備したものについてまとめていきます。

引っ越しって結構料金高いので1人暮らしだと一回は自分で引っ越しできるんじゃないかって考えますよね。

なので一人暮らしの方で自分で引っ越し考えている人は今回の記事を参考にしてみてください。

結果的に言えば、業者に頼むよりも数倍費用も抑えられて思ったよりもスムーズにできたので結構自分で引っ越しするのはおすすめです。

ただ荷物が少なかったり引っ越しの距離が短い方に限りますけどね。その辺も詳しくみていきましょう!

荷物量と移動距離は?

自分で引っ越ししたとか言われてもお前の荷物量とか引っ越しの距離知らねーよって感じだと思うので初めに今回の私の引っ越し環境を記載しておきます。

・引っ越しの距離:同じ市内(約 4 km)

※マンションの7階(エレベータ付き)からマンションの1階への引っ越し

・荷物量:2ドアの冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・折りたためるローソファ・折り畳みベッド・扇風機・布団・ダンボール×4

移動距離も短く階段もほとんど使わなくてよい環境で、しかも荷物も結構少ないです。そこまで大きな家電もないですし。ちなみに棚とかの収納系の家具は一切持ってません。

正直階段を使わなくてよかったってのが自分で引っ越しできた要因です。冷蔵庫とかもって階段上るって超大変じゃないですか。なので階段作業が必要な引っ越しなら業者に頼むか、人手を確保する必要があると思います。

逆に言えば私と似たような環境の引っ越しなら自分で引っ越しできるかもしれません。

自分で引っ越しするのにかかった費用

レンタカー+台車+ガソリン代で 1 万 2000 円

料金
レンタカー6時間(ニッポンレンタカー 8,208円
台車 3,485円
ガソリン代(軽油) 319円(2,57L)
合計 12,012円

車はニッポンレンタカーでハイエースをレンタルしました。6時間だと通常10,908円ですが、無料会員(スーパーレッドメンバー)登録すると会員割引と初回割引が適用されて2,000 円程度お得にレンタルできました。

近距離の引っ越しだったのでほとんどガソリン代もかからずレンタカー代は相当おさえられたと思います。

またレンタカーだけでなく引っ越し用に台車を購入しましたがそれを含めても合計で1万2000円程度引っ越し業者に頼めば3、4万円はかかると見積もりが出されていたので半額以下で引っ越しができました。

荷物が少ないこともあり大きな家電は2ドアの冷蔵庫と洗濯機のみ。作業も二人で行ったので人件費的なものも一切かかっていません。

レンタルしなくても自分で車が準備できる方であればさらに費用を抑えることができると思います。

自分で引っ越しするために必要なもの

レンタカー

ハイエースをレンタルしました。

はじめはエブリイやハイゼットなどの軽バンをレンタルする予定だったのですが、どこも予約が埋まっていて仕方なくハイエースをレンタルした感じだったのですがハイエースを借りてよかったなと思いました。かなり容量があって私の場合は一回ですべての荷物が入ってしまいました。

めちゃくちゃ荷物が少ないとか、大きい車は慣れていないという方でなければハイエースなどのバンはかなりおすすめです。

荷物が少ないなら軽バンでもいいかも

引用:スズキ エブリイ

家電なども小さくほんとに物が少ないという方であれば軽バンが良いと思います。

軽自動車ですが積載量とスペースは結構大きくて高さもあるので2ドアの冷蔵庫であれば立てて載せることができるかと思います。その他

・駐車スペースが狭い

・大きい車の運転に不安がある

・レンタル料金を安くしたい

という方にもおすすめです。大きな荷物がなくて近距離の引っ越しであれば軽バンでも何回か往復すれば運び終わるのでありだと思います。

軽トラックだと屋根がない代わりに大きなものでも載せられる利点がありますが雨が降ると濡れてしまうし、しっかりと固定をしないと落としてしまうリスクもあるので個人的には落とすリスクのない軽バンがおススメです

おすすめのレンタカー会社

後述しますが自分で引っ越しするなら台車も準備することをおすすめします。

ですのでオプションで台車もレンタルできてかつ安価で利用しやすいレンタカー会社をご紹介します。

おすすめは私も利用したニッポンレンタカーともう一つはオリックスレンタカーです。

両社のおすすめ理由としては借りた営業所と異なる営業所に返すワンウェイレンタルという制度があるので引っ越した先の近くの営業所に返すことができるからです。

わざわざ借りた営業所に返す手間がないので長距離の引っ越しをするならかなりありがたい制度ですよね(都道府県や指定するエリアをまたがってワンウェイレンタルを利用すると有料になります)

また1080円/1日で台車のオプションがつけられるのも魅力です。

ニッポンレンタカーであれば最短3時間から借りられるので短距離の引っ越しで短時間で引っ越しを終わらせる予定であれば特にニッポンレンタカーはおすすめです。

台車

レンタカーの次に準備しておきたいのが台車です。

自分で引っ越しするなら台車はかなりおすすめです。人手が大勢いるなら別ですけど、1人とか2人とか少人数で引っ越しするなら台車があるとかなり作業が捗ります。

冷蔵庫とか洗濯機とかの大型の家電って30、40㎏くらいあるから一人じゃ持ち上げることはできても外に運び出したりするのって結構しんどいんですよね。

持ち上げながら移動するのって視界も悪いし早く運びたいって思って急ぐから壁にぶつけたり落としてしまうリスクもあるわけです。

その点、台車を準備しておけば台車の上に乗せさえすれば後はハンドルを持ってい引いていくだけです。重たい荷物もラクラクです。

特に女性で自分で引っ越し考えているかたは台車は絶対あったほうが良いと思います。

安いものであれば 3000 円~程度で購入することができるのでおすすめです!

私は Amazon でTRUSCO(トラスコ)製のこまわり君っていう台車を使いました。

レビューも書いてます、気になった方はチェックしてみてください。

TRUSCOの台車こまわり君が引っ越しで活躍してくれたので感謝のレビュー私事、最近引っ越しをしました。業者に頼まず自分で引っ越しをする予定だったので重たいものを運ぶために台車を購入しました。 これが大正...

 

台車もレンタカー会社でレンタルできます

台車買うお金も抑えたい。台車買っても引っ越しの後、置き場所がないっていう人は台車のレンタルを利用することおすすめします。

私のおすすめはレンタカー業者でレンタカーと一緒にオプションで台車もレンタルするのが良いと思います。

台車だけをレンタルしている業者もあるのですがレンタカー会社から借りた方が安いし、レンタカーのついでに借りれるので楽ちんです。

ニッポンレンタカーオリックスレンタカーでは1080円/1日くらいから借りられるのでおすすめです。

私は台車を買った後にレンタカー会社がオプションでで台車のレンタルをしていることを知りました。先に知ってたら台車もレンタルしてたと思います。

ダンボール

引っ越し業者に頼めばダンボールも準備してくれますが自分で引っ越しする場合はダンボールも準備しておく必要があります。

ダンボールはスーパーもしくはネット通販で!

ダンボールはスーパーやドラッグストア、ホームセンターなどのお店にあるので「ダンボール頂けますか」とお願いすればもらえると思います。

特にスーパーであれば買ったものを入れるようにレジ周りに置いて有ることもあるので準備しやすいですよ。

もらってくるのが面倒ということであれば new pack.com(ニューパックどっとコム) などのネット通販で 1 枚 100 円 程度で購入することもできます。

まとめ

荷物の量や移動距離によって異なりますが、場合によっては自分で引っ越しするのはかなり費用が抑えられるのでおすすめです。

引っ越し距離が短くて大きな家電家具や大量に荷物がある訳ではなければ少人数でも車と台車があれば案外引っ越しできると思います。

もちろん物が壊れたりしたときの保証もないのですべて自己責任ですが物も少ないし引っ越し距離も短いしということであればチャレンジしてみてください。

自分一人だけでは不安ということであれば家族や友達に手伝ってもらいながらやってみるといいとおもいます。(お礼は必要だと思いますが)

荷物や引っ越し距離、予算と相談して自分に合った引っ越し方法を選んでください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です