初めてふるさと納税したらお得すぎる制度だとわかった

「ふるさと納税」を初めてやってみました。

CMでもやってるしお得な制度とは聞いてたものの

なんだか難しそう・・・

自分には関係ない制度でしょ・・・

てか何がお得なのかわからん・・・

と見て見ぬ振りをしてきた「ふるさと納税」

やってみたら。なんで今までやらなかったんだって後悔したレベルでお得な制度でした。今まで損してた気分。

所得税・住民税を寄付という形で別の自治体に支払って実質負担2000円で全国各地の寄付先から返礼品としていろいろ届く最高な制度です。働いてる人なら絶対やったほうがいいわコレ。

楽天ふるさと納税を使って寄付してみた

ふるさと納税の流れはだいたい以下の感じ

  1. 自分のふるさと納税で受けられる寄附金控除額の上限を確認する
  2. ふるさと納税のサイトからどっかの自治体に寄付する
  3. 控除を受けるために確定申告かワンストップ特例制度で手続きをする
  4. 寄付した自治体から返礼品が届く
  5. 寄付した額-2000円が来年の住民税や所得税から控除される

③④は前後することがありますが、概ねこの流れです。

控除額の上限は所得によって変わります。控除額に収まる範囲の寄付であれば「寄付金額-自己負担額2000円」分の金額が来年の住民税や所得税から控除され実質2000円で美味しい思いができます。しかし控除額の上限を超えて寄付してしまうと自己負担金額が増えてしまうので注意が必要です。

どのふるさと納税のサイトにもだいたいシュミレーターがあるのでまずは自分の控除額の上限を把握するのが大事です。

僕は「楽天ふるさと納税」のシュミレーターを利用しました。

僕がふるさと納税するのに使ったサイトは「楽天ふるさと納税」です。選んだ理由は楽天ポイントがつくからです。

もろ僕の年収がバレる発言になるのですがシュミレーターで控除金額の上限を計算したところ3万円くらいでした。初めてのふるさと納税ということでビビって上限ギリギリではない2万寄付することにしました。

寄付先に選んだ自治体は北海道網走市と宮城県大崎市です。1万円ずつ。返礼品は網走市がジェラート8個セット、大崎市が牛タン800gです。

他にもお米や黒毛和牛、シャインマスカットなどなど食材を中心に様々な返礼品が用意されていました。多すぎてめっちゃ悩みました。コレが実質2000円で味わえるのはヤバすぎる。控除額が多い人が羨ましい。

寄附金控除を受けるためにワンストップ特例申請を行う

申請書と寄附金受領証明書が入った封筒
申請書と寄附金受領証明書が郵便で送られてきた

寄付してから数日後、寄付した自治体から郵便が届きました。

封筒の中身は寄付したことを証明する「寄附金受領証明書」とワンストップ特例制度に必要な申告特例申請書です。

所得税や住民税の控除をするには寄附金控除を受ける必要があります。寄附金控除の方法は2つ。確定申告をするかワンストップ特例制度を利用するかです。ただしワンストップ特例制度が利用できるのは寄付先が5自治体以下の場合だけ。

今回は大崎市と網走市の2つの自治体なのでワンストップ特例制度を利用することにしました。超簡単で、郵送で送られてきた申告特例申請書を書いてマイナンバーカードのコピーを封筒に入れて返送するだけでした。

返礼品が届く

北海道網走市から届いた返礼品のジェラート
寄付先の北海道網走市から返礼品としてジェラートが届いた

楽天ふるさと納税から寄付をしてから1週間ほどたって返礼品が届きました。↑は北海道網走市からの返礼品。Rimoというお店のジェラートです。

ホームページ見たら大会で優勝したりしてて評判の高いみたい。ピスタチオやとうもろこし、カボチャなど変わり種のフレーバーがたくさん。食後の楽しみに1日1つ食べることにします。カボチャ味がとても美味しかった。

寄付先の宮城県大崎市から返礼品として届いた牛タン
寄付先の宮城県大崎市から返礼品として牛タンが届いた

こちらは宮城県大崎市からの返礼品。厚切り牛タンセットです。牛タン塩 200g×2、牛タン仙台味噌 200g×2の合計800g。届いた日に早速食べました。

牛タンてお高くてなかなか手が出せないので、ふるさと納税の返礼品としてお得に食べられるのはかなり嬉しいです。美味しい。

ポイント還元がある楽天ふるさと納税がオススメ

今回、僕が楽天ふるさと納税を選んだ理由は楽天ポイントがつくからです。 通常のポイント還元は1%なので2万円寄付したら還元されるのは200ポイント。

しかし楽天ではポイントが2倍になるキャンペーンが頻繁に開催されていたり、 楽天モバイルや楽天証券など楽天のサービスを利用するとポイントの倍率が上がるSPUがあったりするので 利用すればポイント10倍くらいは平気で行きます。

10倍になれば2万円の寄付に対して2000ポイントがつきます。

ふるさと納税は寄付した額から2000円を引いた額が来年の住民税 所得税から控除されます。 実質2000円の自己負担で返礼品がもらえる最高のシステムなわけですが、 仮に2000ポイント還元されたらほぼタダで返礼品がもらえるのです。 エグい。

ちなみに楽天ポイントは楽天市場やマックやファミマなどのいろいろな お店で1ポイント1円として使えるほば 「金」なので、使い勝手が良いのも魅力。

ふるさと納税は全員やるべきお得な制度

お得とは聞いていたけど、まさかコレほどお得な制度とは思いませんでした。

やっぱりやってみないと何ごともわからないもんですね。ポイント還元の活用次第ではタダ同然で、寄付先から返礼品が届くなんてビックリです。

ポイント還元を考えなくても実質2000円の負担で言い訳ですから、収入がある人ならやらない理由がない

コレからは毎年、ふるさと納税しようと思います。