【北海道でオール電化】二人暮らしの電気代を公開【札幌賃貸】

  • 1月 21, 2021
  • 10月 5, 2021
  • 生活
  • 0件

札幌市内のオール電化の賃貸マンションに夫婦2人で住んでいます。

オール電化って住んだ経験がないとどれくらいの電気代がかかるかわからないと思います。

良さそうな物件が見つかってもオール電化だと電気代が不安要素になってしまうこともありますよね。

そこでこの記事では実際にオール電化で生活してかかった電気代を公開します。

北海道でオール電化物件に住むことに不安を感じてる人の参考になれば最高です。

【随時更新】オール電化物件でかかる月々の電気代

電気代 使用量(昼間・ピーク・夜間)
11月 15,590円 998kWh(108・0・890)
12月 19,538円 1,230kWh(84・24・1.122)
1月 26,119円 1,669kWh(95・25・1,549)
2月 24,354円 1,534kWh(99・28・1,407)
3月 22,521円 1,427kWh(96・23・1,308)
4月 19,704円 1,223kWh(123・0・1,100)
5月 17,096円 979kWh(128・0・851)
6月 10,882円 575kWh(103・0・472)
7月 10,735円 520kWh(122・0・398)
8月 10,996円 476kWh(158・0・318)
9月 11,609円 504kWh(158・0・346)
10月 444kWh(126・0・318)

電気代、結構かかってます。冬2万越えてる…

うちは共働き夫婦ですが、日中でもどちらかが家にいることが多いです。

日中は家にいないって人であればもうちょっと安くなると思います。

料金プランは北海道電力のドリーム8エコを利用

電力会社は北海道電力で、料金プランは「ドリーム8エコ」を契約しています。

このプランは時間帯によって料金単価が違っていて「夜時間<昼間時間<ピーク時間」の順で料金が高くなります。

  • 夜間時間(午後11時〜午前7時):安い
  • 昼間時間(午前7時〜午後11時):高い
  • ピーク時間(冬期間※の午後4時〜午後6時):めっちゃ高い

※「冬期間」とは、毎年11月の検針日から翌年3月の検針日の前日までの期間
参考:ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)|ほくでん

ピーク時間は昼時間の倍くらい料金が高いです。

同じ使用量でも時間帯によって電気代が大きく変わるので、電気代を抑えるなら時間帯意識するのは重要。

なお電気代を抑えるなら契約する電力会社を見直すことが一番効果大です。

電力自由化によって今は電力会社自体が自由に選べます。

電気の質はどの電力会社でもおんなじなので、いろいろ比較して一番安い電力会社と契約するのが良いです。

なおオール電化物件に住むならオール電化用のプランがある電力会社と契約してしましょう。

電気代に不安がある方はエネナビなどの安い電力会社を提案してくれるサービスを利用して安い電力会社を調べてみて下さい。


都市ガス物件と比べると光熱費は高め

以前まで住んでいた都市ガス物件と比べると光熱費は高くなりました。

オール電化物件はガス代がかかりませんが、その分電気代が多くかかります。

都市ガス物件の頃はストーブを多用する冬で電気代とガス代合わせて高くて15000円ほどでした。

オール電化物件の今の家は冬2万円以上かかることも。ざっくり4,5割高く光熱費がかかってます。

やっぱ光熱費を抑えるなら都市ガス物件が最強です。オール電化は別に安くはない。

都市ガス物件に住んでた頃の水道光熱費は以下の記事でまとめています。

関連記事

ガス代・電気代・水道代合わせて全部で153,738円でした。 北海道の札幌市で2人暮らし(同棲)をして1年たちました。 これから札幌で2人暮らし・同棲を始める人にとってどれくらいの生活費がかかるのか気になる方もいるはず! […]

けどオール電化物件は蓄熱暖房でいつも暖かい

オール電化物件は暖房器具として蓄熱暖房機が備え付けられていることが多いです。

この蓄熱暖房機。電気料金の安い夜のうちに熱を蓄え、お昼の間に熱を放出し勝手に部屋を温めてくれます。

北海道の冬ってめちゃめちゃ寒いわけで、朝起きてストーブつけるまで結構キツいじゃないですか。

それがオール電化物件だと蓄熱暖房で24時間部屋がそれなりに暖かいので、朝起きて布団から出てもそんなに寒くないです。快適。

少し寒くても、我が家のはファンがついてるタイプなので、ファンを回せば素早く部屋を温めることも可能。

オール電化物件に住み始めてから月々の光熱費は上がりましたが、都市ガス物件に住んでた時よりも暖かくて快適に暮らせてます。


電気代・ガス代ちゃんと安い会社を選んでますか?

契約している電力会社やガス会社を見直したことはありますか?

もししていないなら損しているかもしれません。

電力は2016年から、ガスは2017年から事業参入が自由化されました。

自由化によって例えば電力ならKDDIの「au電気」、楽天の「楽天でんき」などこれまで電力と関係なかった企業が多く参入するようになりました。

ここで重要なのがどの電力会社・ガス会社を選んでも品質は同じであるということ。

なぜなら電力なら既存の電力会社の送電線を使用し、ガスも既存のガス管を使用するからです。

どこを選んでも品質が同じなのであれば当然安い会社と契約するのが一番コスパが良いですよね。

自由化によって私たちは契約する電力会社・ガス会社が選べるようになりました。

料金比較サイトを利用してあなたに最適な電力会社・ガス会社を確認してみて下さい。

\ガス会社の比較なら/

\電力会社の比較なら/