カラオケ

カラオケ好き大学生必見!学割が安いカラオケ屋&さらに安くする方法

大学生ってカラオケ行く機会が多いですよね。

飲み会あとのみんなで盛り上がるカラオケもヒトカラ(ひとりカラオケ)も楽しいものです。

けど学生という身分たるものお金があんまりない・・・

だから、できるだけ安くカラオケしたいですよね!

ということで今回は趣味がヒトカラの私が、ただでさえ安い学割をさらに安くする方法と学割ありの安いおすすめのカラオケ店をお伝えします。

学割のカラオケはコスパ最強

僕はヒトカラの時は飽きたらパソコン作業したりもします

春休み夏休みが超長かったり、授業の空き時間が長かったりする大学生にとって暇がつぶせる趣味や暇がつぶせる空間があることって結構大事だと思います。

(もちろん多忙な大学生がいるのも知ってます)

そこでおすすめしたいのがカラオケです。

なんでかというと「学割」のカラオケ料金はめっっっちゃ安いからです!

かなりのカラオケ店が一般料金の半額とかそれ以上に安い料金だったりしますからね。

カラオケルームは良いですよ。

大声出すのはストレス発散にもなるし、ヒトカラであれば好きな歌を好きなだけ歌えるし、勉強や作業もできますからね。楽器の演奏だってできるし。

昼間ならカフェよりもカラオケでドリンクバー飲みながら勉強とか作業する方が絶対コスパがいいですよ。個室だし。飽きたらカラオケできるし。まあ僕の場合は歌ってばっかになりがちですが・・・

そんな歌ったり勉強できたりする空間が学割で安く使えるのはめっちゃお得なことです。

ちなみに1人カラオケ(ヒトカラ)に行ってみたいけどいけないって人にはこんな記事も書いてるので合わせてどうぞ

初めてのひとりカラオケ(ヒトカラ)に行けない人に緊張を和らげるコツを教えますヒトカラに興味はあって行ってみたいけど緊張してなかなか一歩踏み出す勇気がないという人のためにかれこれ5年くらいヒトカラを1つの趣味にして...

学割を使うなら学生証は必携

学割の料金で利用する場合、だいたい学生証の提示が求められます。

融通利くとこだと学生証忘れても制服姿とか見た目で学割OKにしてくれることもありますが、学生証なくて学割受けられないってことも考えられるので忘れないようにしましょう。

1人カラオケ(ヒトカラ)でも基本的に学割は使えますよ。

「平日×学割」でカラオケできるのは大学生の特権

学割でただでさえ安い大学生ですが、カラオケ料金自体が安い平日に行けるのも大学生の特権。

平日に学割使ってカラオケに行けるのって冷静に考えて大学生くらいです。

社会人はそもそも学割使えないし平日はだいたい仕事で、中学生や高校生だと意外と部活で遊べなかったりするじゃないですか。

あなたがカラオケ好きならば時間が取れてさらに学割という超強力な割引が受けられる大学生のうちにぜひともカラオケに行きまくっていただきたい。

「平日×学割×割引クーポン」を使うともっと安くなる

そんでもってカラオケ屋って割引クーポンも充実してるのでそれも合わせればさらに安くなります。

  • 公式ページ掲載の割引クーポン
  • 公式アプリ掲載の割引クーポン
  • 公式ラインで配信されるクーポン
  • JAFカードやタイムズクラブなどの割引優待
  • 特定のクレジットカードの割引優待
  • 月額制優待サービスの割引クーポン

などほとんどのカラオケ屋が上記のいずれかの手段で割引が受けられます。(だいたい併用はできません)

だれでも使えるのは各カラオケ店の公式アプリや公式LINEで配信されてる割引クーポンですね。

カラオケバンバンやビッグエコーなどは公式アプリが会員証にも割引クーポンにもなるので便利です。

とはいえ、公式から配信される割引クーポンは割引率が低いことが多いので、

もっと安くカラオケをしたい方はこれから紹介する優待割引が豊富なクレジットカードを1枚持っておくか、月額制の優待サービスの会員になっておくのがおすすめです。

引クーポンは1つあれば1グループが割引対象になることが多く、利用人数が多ければ多いほど割引金額が大きくなるので、大勢で行くならクーポンがないとかなり損ですよ。

優待割引のついたクレジットカードを1枚持っておくと便利

カラオケ割引があるクレジットカード「エポスカード・イオンカード」エポスカードやイオンカードは優待割引が豊富

エポスカードやイオンカードといったクレジットカードはいろいろなカラオケ店やレジャー施設の優待割引が付帯していて持っておくと何かとお得に遊べます。

エポスカードとイオンカードは18歳以上であれば学生でも申し込み可能で入会費も年会費も無料!審査も通りやすいクレジットカードですので、学生のうちに作っておいて損はないカードです。

よくカラオケに行くなら月額制の優待サービスに入るのがおすすめ

優待割引サービスを使ってカラオケを安くまずは無料お試しから

月額を払うことであらゆるレジャー施設や映画館そしてカラオケなどの優待割引が受けられる会員制の優待サービスはよく遊びに行く大学生にはとてもおすすめ。

人気の優待サービスであるデイリーPlusみんなの優待なら

  • ビッグエコー
  • まねきねこ
  • ジャンカラ
  • カラオケの鉄人
  • カラオケバンバン
  • カラオケルーム歌広場

などなどカラオケ店の割引が受けられます。

月額がかかってはしまいますが、あらゆる施設100万件以上の優待割引が受けられるので月額のもとをとるは割と簡単で、良くカラオケに行ったりお出かけする人なら入らないとむしろ損してる可能性があります。

デイリーPlusみんなの優待も両方、無料お試し期間があるのでどんな優待割引があるのか気になる人はぜひチェックしてみてください。

僕はカラオケ行くときちょくちょく使ってます。

今だけ3か月無料!優待サービス「みんなの優待」を試さない理由がない旅行や外食、映画、カラオケなどお出かけする時ってお得な割引クーポンないかな~って探すことありますよね。 けど探したは良いものの割引...
まずは2か月間の無料お試し!デイリーPlus使わずに損してない?「もっと安く旅行や外食にいきたい。もっとお得にサービスを利用したい」 どこか行ったり何かしたりするたびにお得に利用しようと割引情報...

スマホがauならカラオケ館などで1200円OFF

カラオケが1200円引きになるスマートパスプレミアムauユーザー必見

auスマホを使っている学生さんならauスマートパスプレミアムに会員登録しておくと良いかもしれません。

auスマートパスプレミアムは日替わりであらゆる施設の割引が受けられる月額サービスで「auチューズデイ」である火曜日では

  • カラオケ館
  • シダックス
  • カラオケ歌広場
  • カラオケJOYSOUND

などのカラオケ店で使える最大1200円引きの割引クーポンが利用できます。

1200円引きって下手したらタダでカラオケできるんで「auスマートパスプレミアム」auユーザーは要チェックです!初回なら30日間の無料お試し期間もありますよ。

「平日×学割×割引クーポン×地方」だとさらに安い

ついでいうとカラオケって地方の方が安い傾向があるので「平日×学割×割引クーポン×地方」が組み合わさると物凄く安くカラオケができますよ。

東京近郊と大阪・名古屋以外の地域は安いことが多いです。

例えば全国展開しているビッグエコーだと

1ドリンク制・学割・平日・昼の30分ごとに室料
渋谷駅前店(東京) 108円(税込み)
なんば戎橋店(大阪) 120円(税込み)
札幌駅前店(北海道) 43円(税込み)
中州川端駅前店(福岡) 25円(税込み)

と同じカラオケ屋の30分の料金でも地方都市の方がカラオケ料金が安いことが分かります。

もちろん東京でも場所によっては安いところもありますが、地代や賃金が高い場所はカラオケ代も基本高いです。

なんで地方はカラオケに行くうえでは最高な環境です。逆に都市部ならクーポンを使うなりして賢くカラオケを楽しんでもらいたいです。

学割が安いカラオケ店

ここまでカラオケ屋のクーポン情報や安い時間帯についてご紹介しました。

次は具体的に大学生がお得に利用できるカラオケ屋をお伝えします。学割使えるとこなら基本的にどこま安いですがどこが安いか迷ったら参考にしてください。

カラオケ本舗まねきねこ

特に学生むけに打ち出されるキャンペーンが多く、高校生限定で室料がタダになる「ゼロカラ」や「大学生・短大生・専門学生」限定で18時以降のフリータイムが300円になる「まふ」などは学生なら要チェックです。

【大学生限定】18時以降のフリータイムが300円。「まふ」が激安

大学生にオススメなまねきねこのキャンペーン「まふ」300円は破格すぎる

大学生・短大生・専門学生限定のキャンペーン「まふ」は日曜から木曜の18時以降のフリータイムが300円で楽しめるというもの。

この値段でドリンクバーもついてくるので安すぎます。2名以上での利用という縛りはありますが学生なら利用しない手はありません。

→「まふ」の詳細はコチラ

カラオケBANBAN(バンバン)

地域によって料金が前後しますが、平日昼間のフリータイムは学割料金なら500円~900円で利用できます。この値段にドリンクバーがついていることも多いのでコスパとしてはかなりいいです。

カラオケバンバンは深夜フリータイムも安いですね。(実施状況と料金は店舗によって異なります)

カラオケBANBAN(バンバン)でひとりカラオケ(ヒトカラ)してきた!最近はいろんなカラオケ店でヒトカラをするようにしてまして、今回はカラオケBANBAN(バンバン)に行ってきました。 使える割引クー...

ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)

  • ドリンクバー付きの値段なのに安い
  • 豊富なキャッシュレス決済に対応している(ポイントがためやすい)

西日本と北海道に店舗が多いジャンカラは学生会員価格がドリンクバーがついてるとは思えないほど安いです。

またジャンカラアプリで利用料金に応じて加算されるポイントはクーポンと交換が可能でさらに割引が可能です。

クレジットカードはもちろん、電子マネー、QRコード決済など多様な決済方法に対応していているのも特徴で、ポイントを貯めたいという人にも非常におすすめなカラオケ店です。

まとめ:学割やクーポンを使って安いカラオケ店をもっと安く楽しもう

ということで、学割料金が安いカラオケ店とカラオケ料金をさらに安くするためにおすすめな割引クーポンについてご紹介しました。

おすすめの割引方法としては

です。

大学生はカラオケに行く機会も多いですよね。学割使えばどこのカラオケ店でもたいがい安いですが、割引クーポン使ったり、地域最安のカラオケ店を探したりすれば、さらに安くカラオケを楽しむことができます。

学割が使えるうちにたくさんカラオケに遊びに行ってください。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です