WIMAXと格安SIM

お得に楽天モバイル→LINEモバイルにMNP転入で乗り換える手順

楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換えたのでMNP発行の流れやLINEモバイルの申し込みの流れなんかをご紹介していきます。

乗り換えるときの注意点やおすすめの乗り換えタイミング、安くLINEモバイルを申し込むテクニックなんかも一緒にお伝えしてい聞くのでぜひ乗り換えを検討している方は参考にしてください。

LINEモバイルの公式ページはこちら

乗り換えるおすすめのタイミングは15日以前

これより楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える方法をお伝えしていきますが、お得に乗り換えるには日付が結構大事になってきますのでご紹介しておきます。

毎月15日までに解約お申し込み手続きが完了された場合、当月末で解約となります。16日以降の通話SIM解約手続きの場合は翌月が解約月となりますのでご注意ください。

引用:楽天モバイル

楽天モバイルは16日以降に解約すると翌月が解約月となり1か月余分に使用量を払うハメになります。なので15日以前に解約完了するのが一番賢いです。

MNP転出を伴う解約だとLINEモバイルへのMNP転入手続きが完了した時点で自動で楽天モバイルの解約が完了するので、これから紹介するの乗り換え方法を全て15日以内に済ませれるとベストです。

ではお得に乗り換える方法と手順をご紹介していきます。

楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換えるために準備をしよう

乗り換え費用をお得にするには事前に準備を行っておく必要があります。この記事でもいくつかは解説していきますが詳しくは↓の記事でまとめているのでお得にLINEモバイル契約されたい方は合わせてどうぞ。

6000円以上安くなった!LINEモバイルをお得に契約する3つの方法 申し込み時の事務手数料0円なんか当たり前楽天モバイルを利用していましたがスマホを買い替えるタイミングでLINEモバイルに乗り換えることにしました。 乗り換えっていろいろ手...

LINEモバイルの契約事務手数料を0円できるエントリーパッケージを購入

LINEモバイルのエントリーコードLINEモバイルのエントリーパッケージ

LINEモバイルに申し込むなら↑のエントリーパッケージを事前に購入してくとお得に申し込めます。

エントリーパッケージはAmazonなどで販売されていて、中に記載されているエントリーコードをLINEモバイル申し込み時に入力するだけで契約事務手数料が0円になります。

これだけで契約事務手数料3000円(税抜き)→0円ですからね。結構大きいです。

価格は変動ありますがだいたい400円弱くらいでエントリーパッケージは購入できます。

そこまで短くはないですが、有効期限(11/29に買ったので翌年4/30が有効期限でした)があるので早めの買うのは注意が必要です。

Amazonだとスマホ本体とセットで販売されているエントリーパッケージもあり、LINEモバイルでスマホ本体を購入するよりも安い場合があります。乗り換えを機にスマホ本体も変えるならどちらが安いか比較しておくのがおすすめ。私はLINEモバイルでスマホ本体買った後にAmazonで1万円安く変えたことに気づいて後悔しました。

お得なキャンペーンコードがないかチェック

LINEモバイル申し込み時にエントリーコードとは別にキャンペーンコードを入力することで特典が受けられることがあるので一緒にチェックしておきましょう。

私の時は「他社から乗り換え(MNP限定)で10000ポイントプレゼント」というキャンペーンコードがあったのでエントリーコードと併用してさらにお得に申し込めました。

ただエントリーコードとキャンペーンコードは併用できない場合もあるので併用可能か、併用できない場合はどっちを使った方がお得かを比較すると良いでしょう。

キャンペーンコードはLINEモバイル公式ブログに乗ってたり、「LINEモバイル キャンペーンコード」ってググれば最新のキャンペーンコードをまとめてるサイトが出てきますよ。

楽天モバイルでMNP転出の手続きを行う

楽天モバイルの「MNP予約番号発行・確認」ページ楽天モバイルの「MNP予約番号発行・確認」ページ

電話番号を引き継ぐならMNP転出の申請を楽天モバイルで行う必要があります。

  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 「登録情報・設定変更」から「MNP予約番号発行・確認」を選択

することでMNP予約番号の発行ができます。MNP発行は申請後すぐ行われるわけではなく、10時まで申請なら当日12時頃、10時より後なら翌日の12時頃に発行されます。

発行されたMNP予約番号は「MNP予約番号発行・確認」のページから確認できます。

MNP転出手数料は3000円(税抜き)です

MNP転出に伴う注意事項

LINEモバイルにwebから申し込む場合10日以上の有効期限が必要

MNP予約番号の有効期限は15日でLINEモバイルにwebから申し込む場合10日以上の有効期限が必要です。なのでMNPを早く申請しすぎると有効期限が過ぎてしまう可能性もあります。LINEモバイルに申し込む前日くらいにMNP転出の申請するのが確実です。

解約日を考えるとMNP転出は10日にはしておきたい

記事の初めでお伝えしているように楽天モバイルの解約は15日以内にするのがベストです。

LINEモバイルでのMNP転入手続きが完了したタイミングで自動で楽天モバイルが解約となるのでLINEモバイルのSIMが届く日数を考慮すると10日にはMNP発行して11日にはLINEモバイルの申し込みを行っていきたいところです。

LINEモバイルに申し込みを行う手順

MNPの転出とエントリーパッケージが届いたらいよいよLINEモバイルの申し込みを行っていきます。

LINEモバイルに申し込みに必要な情報は以下です。申し込みをスムーズに行うために事前に用意しておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 決済方法(クレジットカード・LINE pay)
  • (実用に応じて)エントリーコード・キャンペーンコード・MNP予約番号

それでは申し込み方法をご紹介していきます。

セルフバック(アフィリエイト)を利用してLINEモバイルに申し込み

普通に申し込んでもいいのですが、セルフバック(自己アフィリエイト)を利用すると3000円程度の報酬を受け取れてすごくお得にLINEモバイルに申し込めます。

セルフバックの意味については以下のページがわかりやすいかと思います。

セルフバック – アフィリエイトA8.net

私はA8.netのセルフバックを行いました。A8.netは審査なし、登録無料で、ブログやサイトがなくてもでも登録ができるのでおすすめです。

A8.netのLNEモバイルセルフバック申し込みページA8.netのLNEモバイルセルフバック申し込みページ

セルフバックからLINEモバイルに申し込むだけで上記のような報酬がもらえます。

「セルフバックとか意味わかんねーよ!怪しいよ!」って人は普通にLINEモバイルの公式ページから申し込みをどうぞ。

LINEモバイルの申し込み時にエントリーコードとキャンペーンコードを入力

セルフバック経由もしくは通常通りLINEモバイルの公式ページに移動したら「申し込む」を選択して手続きを行っていきます。

LINEモバイルの申し込みページLINEモバイルの申し込みページ

「上記事項に同意の上、申し込む」を選択して

LINEモバイルの申し込みページLINEモバイルの申し込みページ

次のページで購入したエントリーコードと併用可能であればキャンペーンコードを入力します。

何かの事情で申し込み途中にキャンセルしてもすでにエントリーコード入力済みの場合、その時点でエントリーコードが使用済みとなってしまうので注意して下さい。つまり実際には申し込んでないのにエントリーコードだけは使用しているもったいない状態になります。最後まで手続きができる時だけエントリーコードの入力をしましょう。

LINEモバイルの申し込みページLINEモバイルの申し込みページ

そしてMNP予約番号を入力、支払い方法を入力、スマホ本体も同時に購入する人はスマホの種類を選んで申し込みは完了となります。

LINEモバイルの審査に通るとメールが届く

LINEモバイルの契約成立メールLINEモバイルの契約成立メール

申し込みが完了して審査に通ると上記のようなメールが届きます。私は申し込み後1時間くらいで届きました。

LINEモバイルの発送メールLINEモバイルの発送メール

そしてさらに5時間後くらいには商品発送のメールが届きました。申し込んだ当日に発送までしてくれるなんて超スピーディです。

LINEモバイルのSIMが自宅に届いたら

届いたLINEモバイルのSIMカード届いたLINEモバイルのSIMカード

12月3日夜に発送メールが届き12月5日に手元に届きました。北海道在住の私でも2日なので本州なら1日とかで届くと思います。

届いたSIMカードをスマホに挿入してLINEモバイルのマイページから利用開始手続きを行い完了メールが届けばLINEモバイルが開通します。

ちなみにスマホ本体と同時購入だとあらかじめSIMカードがスマホに挿入されています。

マイページからLINEモバイルの利用開始手続きを行う

発行されたID、パスワードを使ってLINEモバイルのマイページに移動すると以下のようなページが開かれるので

LINEモバイルの申し込みページ

「次へ進む」

LINEモバイルの申し込みページ

「利用開始手続きをする」を選択すれば

LINEモバイルの申し込みページ

LINEモバイルの利用開始手続きは完了します。

LINEモバイルのサービス開始メールLINEモバイルのサービス開始メール

サービス開始のメールが届けばLINEモバイルでの通信が開始でき、同時に楽天モバイルは解約となります。ここまでが15日以内に終われば楽天モバイルの使用料金が余分にかからなくて済みます。

サービス開始は通常~1時間までに行われますが20時以降の手続きの場合は翌日からのサービス開始となる可能性があります。

解約した翌々月までにSIMカードを郵送して返却

LINEモバイルの利用が開始したら終わりではありません。最後に楽天モバイルのSIMを返送する必要があります。

解約後はご利用いただいたSIMカードをご返却いただく必要があります。なお、返却にかかる配送料はお客様負担となります。着払いの場合はお受けできませんのでご注意ください。
<返却先>
〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F 楽天モバイル SIM返却係

引用:楽天モバイル

MNP予約番号発行後楽天モバイルからメールも届くので忘れることはないと思いますが気を付けましょう。なお返却期限は解約月の翌々月まで。紛失の場合についてのみ返却は不要とのことです。

MNP転入でお得に楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える手順まとめ

最後にご紹介した手順をまとめます。

  1. AmazonなどでLINEモバイルのエントリーパッケージを購入
  2. 利用可能なLINEモバイルのキャンペーンコードが無いかチェック
  3. 楽天モバイルでMNP予約番号を発行
  4. セルフバックを利用してLINEモバイルに申し込み
  5. LINEモバイルの利用開始手続きを行う
  6. 楽天モバイルのSIMを返却する

といった順番で私は行いました。結果的には6000円以上は通常通り申し込むより安くLINEモバイルに乗り換えることができました。LINEモバイルに変更を考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

LINEモバイルの公式ページはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です