Wordpress

【WordPress】公開前の記事を見せることができる便利なプラグイン【Public Post Preview】

プラグイン

特定の人を紹介する記事を書いたりする場合、公開前にその人にページを確認してもらいたいことってありますよね。

けどプレビュー版のURLだと自分のパスワードを伝えないといけないし、かといって公開するわけにもいかないしで結構困ったりします。

そんな時に使いたいのが今回紹介する「Public Post Preview」です。

「Public Post Preview」を使えば記事を公開せずにしかもパスワードなどを伝えることなく下書きを他の人に見せることができます!

私
ログインせずに下書きを見せれるのでこれめちゃめちゃ便利です。

WordPressプラグイン「Public Post Preview」の使い方

「Public Post Preview」を有効化

プラグイン→新規追加から「Public Post Preview」を検索&インストールして「有効化」します。

投稿画面から外部確認を許可するにチェックを入れる

プラグインを有効化すると投稿画面に「外部確認を許可する」という項目が表示されるのでチェックを入れます。

外部確認用のURLが生成される

すると外部確認用にURLが生成されるのでこのURLを渡せば公開することなく他の人に下書きを見せることができます。

これだけです!めっちゃ簡単です!

「Public Post Preview」が使えるのは「下書き」「レビュー待ち」「予約投稿」の状態のみです。「公開済み」や「非公開」だと使えません。

「Public Post Preview」の下書きURLの有効期限は2日

下書きのURLが使えるのは「外部確認を許可する」にチェックを付けてから2日間です。過ぎるとアクセスできなくなるので注意が必要です。

もし2日(48時間)より長い時間に期限を設定したい場合は次に説明する方法で期限を変更することが可能です。

「Public Post Preview」の有効期限を延ばす方法

「functions.php」にコードを追加して有効期限を延ばす

「外観」→「テーマの編集」から「functions.php」を開いて以下のコードを張り付けることで有効期限を変更することが可能です。

add_filter( `ppp_nonce_life`,`my_nonce_life`);
function my_nonce_life(){
    return 60*60*24*5;   //5日間(秒×分×時間×日数)
}

引用:「[WP] 公開前の投稿やページを他者が確認できるプラグイン Public Post Preview を日本語化しました

上記のコードだと5日間に変更されます。日数は「return 60 * 60 * 24 * 5; // 5 日間(秒×分×時間×日)」の数字を変える変更できます。

プラグイン「Public Post Preview Configurator」を使って有効期限を延ばす

「functions.php」にコードを追加する以外にプラグイン「Public Post Preview Configurator」を使うことで有効期限を変更することができます。

プラグインを追加する手間はありますが時間を指定して入力するだけでなのでこちらの方が難しくないです。

「Public Post Preview Configurator」をインストール

プラグイン→新規追加から「Public Post Preview Configurator」を検索&インストールして「有効化」します。

設定で希望の時間を入力する

「設定」→「Public Post Preview Configurator」を開いて希望の時間を入力して「変更を保存」すれば完了です。

「72」にすれば3日間だし「100」にすれば100時間が有効期限になります。

コードを入力するよりわかりやすくて簡単ですね。

まとめ:設定も簡単ですごく便利!

ブログをやっていると公開前の下書き記事を見せたいと思う場面があると思うので「Public Post Preview」というプラグインがあるということを知っておくだけでも後々役立つはずです。すごい便利なのでおすすめです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です