運営報告

ブログのネタ切れ大丈夫?「アイデアしりとり」でネタ切れを解消しよう!

アイデアしりとり

「ブログのネタが無くことねぇぇぇぇええ」

ってなることありますよね。

私もあります。旅行とか行けばそれをすぐに記事にできるけどそんなにしょっちゅう旅行なんて行かないし、よっぽどアンテナ高く張っている方じゃない限り段々とネタって減っていきますよね。

しかもブログ書かなきゃって思うほどあせって何もネタが思いつかないものです。

テレビ番組をみてネタ探ししても新しい情報やヒントを何個か見つけるくらいで具体的なネタにはならないし効率が悪い。ネットサーフィンをしても気づいたら関係ないまとめサイト見たりYouTube見たりして気づけば1日終わってるってことあると思います。

そんなネタ枯渇ブロガーのために違う方法でネタを見るける方法を提案したいと思います。
その名も「アイデアしりとり」です!

是非ブログのネタのネタ切れに困っている人は最後まで見てってください。

前置きはいらないから「アイデアしりとり」の方法だけ知りたいという方は「 アイデアしりとりはブログのネタ探しにも使える!」へ!

「アイデアしりとり」とは

「∞(むげん)アイデアの作り方」にあるだれでもアイデアマンになれる方法

「アイデアしりとり」は「∞(むげん)アイデアの作り方」という本の中でだれでもアイデアマンなれる方法としてを紹介されています。

「∞(むげん)アイデアの作り方」の著者は株式会社バンダイに勤めている高橋晋平さんは、一昔前に流行った無限プチプチという商品を開発した方です。

無限プチプチは梱包材のプチプチを見たらみんな指で潰したくなると言う心理を利用したおもちゃで日本国内で累計260万個海外で累計75万個を販売した大ヒット商品しました。

↑ですね。

めっちゃ懐かしいですよね。無限ペリペリとか無限エダマメとかの派製品も人気でした。
私の周りでも持っている人いましたもん。

これだけの大ヒット商品ですからあらゆるリサーチ、研究を重ねた結果開発された商品かと思いきや無限プチプチは単なる偶然の思いつきだったそうでです。

この経験から高橋さんはこう考えたそうです。

ヒットする良いアイデアなんてどれだけ調査して深く考えても出せるかどうかわからない一瞬で見つかることもある

とにかくアイデアは質にこだわらず量を出して行けば良い企画につながるアイデアが出る確率が高まる。質より量なのです

とにかく量を出せばその中に質の良いものも紛れ込んでいるという方法。

ブログだってそうじゃないですか。センスある人は狙ったワードでPV稼げるかもですが、初心者はとりあえず数をこなしてその中で偶然のヒットを期待するのが遠周りかもですが確実な方法ですよね。

どんなにつまらないばかばかしい否定されるアイデアでもいいからとにかく出すことで偶然最高のアイディアが奇跡のように出てくるということ</strong>です。

「量を出して行けって言われてもその量を出すことが難しいだよ」って事ですが、それを解決する方法が「アイデアしりとり」なんです。

なぜしりとりなのか

「別にしりとりじゃなくてもよくね」ってことですがこれにはきちんとした理由があります。

前提としてテレビやネット、お出かけはネタが見つかる確率が低くアイデアを探すという意味では非効率です。

それらを除外した上でしりとりにはこんなメリットがあります。

しりとりならではのスピード感と偶然の思いつきがある

しりとりを行うメリットとして前の言葉の最後の文字がつく言葉なら何でもいいから出せばいいわけで,ほぼ無心でいくらでもやり続けられます。

パッと頭に思いついた言葉がすぐにアウトプットされるため意識的には発送できない突拍子もない言葉が出てきます。しりとりで次々出てくる言葉を全部アイデアに結びつけて行けば計算では得られないアイデアが出るかもしれない。

ここが最大の利点です 。

しりとりが誰でもしたことがある遊びということを利用した単純さとスピード感。加えて突拍子のないワードが出てくる可能性があるということがしりとりを行うメリットです。

いつも自分の周りにあるものや頭の中にあるものからネタを探しがちですがしりとりを使えばいつもの自分では考えられないネタが急に思いつく可能性があるということですね。

アイデアしりとりのやり方

アイデアしりとりは筆者の高橋晋平さんの1000個1個は良いアイデアが出せるという経験則から以下のような方法で行います。

1.考えたいテーマに対してしりとりを行い連想されるアイデアを直感でメモしてく

2.100個アイデアを出しその中から5個選ぶ

3.5個を周りの意見を参考にしたりアレンジして1個に絞り込む

4.これを10セット実施し10アイデアを企画書にしてさらに気にするとそのうち一つは最高のアイディアになる

↑のしりとりを10回繰り返してその中から絞り込んだアイデアの中に最高のアイデアがあるかもしれないということです。

質ではなく直感でとにかく書いて量を増やしていきます

アイデアしりとりはブログのネタ探しにも使える!

ようやく本題です。

この本ではアイデアしりとりはおもちゃのアイデア出しだけではなく、 今日のおかずを決めることに使えたり恋愛の駆け引きに活用できたり人生の選択に立った時にも応用ができると書いてあります。

というのもしりとりで作る連想ワードは自分が本能的に思いつく選択肢に引っ張られて出てくることが多いためアイデアしりとりは自分の気持ちの確認に役立つからだそうです。

じゃあブログのネタ探しにも応用できそうだなって私は思いました。「アイデアしりとり」をすれば潜在的に秘めていたブログネタが出てくるかもしれません。

ブロガー流の「アイデアしりとり」方法

本家の「アイデアしりとり」は最高のアイデアを出すために1000個出して1個に絞り込むという作業をしますがブログのネタ探しであればそこまでしっかりする必要はないです。

別にネタを販売するわけでもないし、たくさんある記事の一つにしかすぎないわけですからブログに書けそうと思ったものは採用でOK。

というかブログ書けない状態から脱出できれば何でもいいです。

なので以下の手順で大丈夫です。

アイデアしりとりの方法
  1. 考えたいテーマに対してしりとりを行い連想されるアイデア(ネタ)をメモしてく(テーマがなければ「ブログのネタ」でOK)
  2. 100個のアイデア(ネタ)からかけそうなブログのネタを選ぶ
  3. かけそうなブログネタが見つかるまで 1.2 を繰り返す

※良いアイデア(ネタ)が出たけど漠然としているときはそれをテーマに変えてまたしりとりを行うと具体的なアイデア(ネタ)に変わるかもしれません。

いざ!「アイデアしりとり」実践!

っということでやってみました。テスト的に10個書きだしました。いやー何というか独創的な書体になってしまいました。

とにかくスピードに乗って直感で文字を書いているので誤字脱字もひどく私にしか読めない具合です。読者の方が読めないので具体的にどんなブログのアイデア(ネタ)が出たのか下に書きます。

  1. 世界のヤバい色のグミ
  2. 秩父のみつみね神社って?
  3. ジャイアンの歌声カラオケで何点?
  4. スケートリンクまとめ(札幌)
  5. サンリオのキャラで一番嫌われているのは誰?
  6. コップのフチ子さんまとめ
  7. ポッキーとトッポとプリッツ一番人気はどれ?
  8. 行った先が通行止めだった時に殴りたい芸能人ランキング
  9. 自分が持っている高額商品ランキング
  10. 絶対に盗られない金庫5選

・・・なるほど。

なかなかクソみたいなネタが出てきました。8番とか意味わかんないもん。なんだよ「行った先が通行止めだった時に殴りたい芸能人ランキング」って。

けど 9番はやる人によってはすごい気になる。凄い貧乏な人かすごいお金持ちな人にやってもらいたい。「自分が持っている高額商品ランキング」

 

っという感じで直感に任せることでクソみたいなブログのアイデア(ネタ)もたくさん出ますが「使えるかも」と思えるネタも出てきます。

しりとりしてメモするだけなので1回5分もかからないくらいでできるのでこれで良いネタが浮かんだなら超効率よいですよね。

全然ブログネタが思い浮かばなない人は「アイデアしりとり」をやればそこから抜け出せると思います。

もし1回で出なければ2回3回と増やしていけば絶対に良いブログネタが見つかりますので試してみて下さい。

まとめ

テレビやネット、お出かけでネタ探しもよいですが、それでもブログのネタが見つからないときは「アイデアしりとり」試してみてください。

突拍子のないネタが浮かんできて新たなジャンルの記事を書くきっかけになるかもしれません。

しりとりして直感でアイデア(ネタ)書いていくだけなんで何時もでもどこでも誰でもできるのでおすすめですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です