商品レビュー

三脚付きの Bluetooth 式自撮り棒を買ったら「写真撮ってください」と言わなくて良くなった

自動り棒(セルカ棒?セルティースティック?)を買いました。特に買う予定はなかったのですが、メルカリの期間限定のポイントが結構あり、使わなきゃもったいないと思っていろいろ探してたんです。

そこで自分のお金で買うほどではないけどポイントで買えるなら欲しいものを吟味したところ自撮り棒に決まったわけです。(ちょっと保有ポイントより高くて自腹切りました…)

買ったのはBluetooth式でさらに三脚にもなる多機能な自撮り棒です。

三脚広げればカメラが固定ができて、Bluetooth式だから結構遠くからも撮影ができるので人に「写真撮ってください」といわずにかなり引きの写真が撮れます。これがかなり重要で人見知りの私としてはかなり助かります。

手で持たずに三脚で遠くから写真が撮れるので自撮りしてる感がなくて気に入ってます。

自撮り棒って結構マナーの悪さなどがニュースで取りざたされたりしていて使っている人の事、馬鹿にしてた部分あったんですけど、実際に買って使ってみたら意外と使い勝手良くて便利でした。使ってもないのに馬鹿にするのって良くないですね。

Bluetooth 式三脚付き自撮り棒のメリット

通常の自撮り棒としても機能は十分

三脚としても使えますが三脚の足は普段は畳むことができ、たためば見た目はただの普通の自撮り棒と変わりないです。また Bluetooth 式なので、ペアリングしておけばいちいちケーブルでつなげる必要はなくリモコンボタンを押すだけで撮影ができてます。

Bluetooth 式で三脚にもなるから遠くからでも撮影ができる。

手で伸ばすタイプの通常の自撮り棒だとそこまで広範囲を自撮りすることができません。結局は手の長さ+自撮り棒の長さまでしか距離を離せないわけです。

ですが Bluetooth 式であれば反応する距離までであれば手の長さや自撮り棒の長さに制限されずに距離をとることができます。カメラも三脚で固定ができるのでブレずに安定した写真を撮ることができます。

大勢で集合写真を撮りたいときに非常に便利ですし、草原や山の中、ビーチなどで撮影すれば自然豊かなところいることを写真で伝えることもできます。

カメラを三脚で固定して Bluetooth で離れたところから撮影ができるので動画の撮影や iPhone  のタイムラプスで撮影にも活かせそうです。

自撮り感がない

手で伸ばす自撮り棒の写真ってなんか自撮りしている感が伝わってきますよね。全然悪いことではないんですけどなんとなくそう思ってしまうというか。

その点、Bluetooth 式三脚付き自撮り棒は三脚で固定して遠くからボタンを押して撮影できるから全く自撮りしている感じを出さずに引きの写真が撮れます。

周りの風景もたくさん入るのでどこにいるのかも伝わりやすいです。何より周りの人に「撮ってください」って声かけずに引きの写真を撮れるってとっても楽です。

Bluetooth 式三脚付き自撮り棒のデメリット

電池が切れたらただの棒

Bluetooth 式のリモコンは電池式ですのでもし出先で電池が切れて電池の替えを持っていない場合は、ケーブルでの接続はできないのであっという間にただの棒に早変わりです。

カメラのタイマー機能を使えば時間差で取れますが 3 秒とか 10 秒笑顔作って待つのって微妙にストレスかもです。

近くにコンビニがあればすぐに電池は手に入りますが、無いようなところに出かけるなら予備で電池を持っておいたほうがいいかもです。(電池の持ちが悪いわけではないです。)

Bluetooth の接続が不安定な時がある

いざ撮ろうと思った時に Bluetooth の接続が切れているときがあります。すぐにまた接続されればよいですが、なかなかつながらない場合はまたペアリングし直したりと撮るまでに時間がかかるので今すぐに取りたいって時にはちょっと不安が残るかもしれません。

足場が悪いと三脚が倒れてしまう

あくまで付属としてついているような三脚なのでそこまで安定感はありません。

平らな地面が安定しているところや不安定なところでも自撮り棒をあまり伸ばさずに使用すれば割と問題なく撮影ができますが、自撮り棒を最大限まで伸ばした状態で斜めになっている場所や柔らかい場所に置くとまず倒れます。

また自撮り棒自体が軽いので仕方がないですが強い風が吹くと耐えれてしまうと思います。

実際に使ってみて

iPhone と Android に対応

iphone 6  iPhone 7 では問題なく使えました。(外箱やリモコンに記載があるので iPhone と Android の両方で使うことができます)

初期設定は超簡単

私が買った自撮り棒は輸入品らしく外箱も外国語で説明書もありませんでしたが、Bluetooth のリモコンと iPhoneをペアリングするだけなので速攻で設定は完了しました。

三脚に切り替えるのに苦戦

自撮り棒の根っこの部分を回して三本の足部分を下に垂らしてまた根っこの部分を回して固定するのだけなのですが、初めはわからずバラバラにしてしまいました…。

15分ほど格闘してようやく仕様がわかり三脚に切り替えれるようになりました。この部分は説明書が欲しかったなと思います。

寒いところではやや接続が不安定になる?

使い方が分かったので家でバシャバシャ撮っていました。Bluetooth の反応も良くこれは外でも使えるぞと息巻いて早速外に持ち出しました。向かった先は 2月の北海道、支笏湖の氷濤まつり。もちろん気温はマイナスの氷点下です。

早速、接続して自撮り棒で撮影を開始、初めの間は家みたいに安定した接続で使えていたのですが、しばらくすると接続が切れるようになり接続しなおさないと撮影できなりました。

家では普通に使えていたので、もしかしたら寒さに弱いのかもしれないです。

まとめ

私が使っている自撮り棒は Bluetooth の接続が不安定になるときもありますが、基本的には問題なく使えますし、ちょっと高めの良いものを買えばより接続が安定しているものもあるのだと思います。

コードレスで通常の自撮り棒としての役割はもちろんのこと三脚として立てて離れたところから撮影もできてかなり使い勝手が良いです。三脚としても使いたい方より離れた場所で自撮りや撮影をしたい方、そして周りに写真撮ってください」と言えない方は Bluetooth 式の自撮り棒の一択だと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です