おすすめアプリ

「iPhoneを探す」使ったら速攻見つかった!無くした人は使ってみてほしい

iPhoneを探す

先日自転車で移動中、iPhone を失くしました。

ポケットにもリュックにもなくて交番行っても通った2kmの道をさかのぼってみても見つからなかったのでスーパー諦めモードでした。

ですが「iPhoneを探す」というアプリで位置情報確認できることを思い出して彼女のiPhoneから自分のiPhoneの位置情報を検索してそこに行ってみたら

何と位置情報通りの場所にありました。たまたまコンビニの前で落としていて店員さんに届けてくれた人がいたらしく無傷で戻ってきました

マジでなくしたと諦めていましたが「iPhoneを探す」のおかげで何とかなりました。

あなたももしiPhoneを失くしているなら「iPhoneを探す」を使ってみてください!

位置情報の確認だけでなく「サウンド再生」「連絡先が伝えられる」「パスコードの設定」という機能があり心強いです。

iPhoneを失くしたら「iPhoneを探す」を使うべし!

他のiPhoneから「iPhoneを探す」を使って位置情報を確認する方法

iPhoneを失くしたときに友達や家族が一緒にいるならばiPhoneを借りて「iPhoneを探す」に自分のApple ID とパスワードを入力することで位置情報を確認することができます。

位置情報を知りたい iPhone の Apple ID とパスワードを入力すれば

位置情報が出てきます。

遠くの人にメールやLINEで「iPhoneを探す」の位置情報を送ってもらうこともできますが相手にApple ID とパスワードを伝える必要があるので、よほど信頼のおける人でないとリスクがあります。基本的に辞めときましょう。近くに友達がいるならiPhoneを貸してもらうか別端末があるなら次の紹介する icloudの「iPhoneを探す」から位置情報が確認する方法がおすすめです。

別の端末から icloudの「iPhoneを探す」を使って位置情報を確認する方法

別のiPhoneが無くてもパソコンなど別端末があれば icloud から「iPhoneを探す」を利用して位置情報を確認することができます。(自分が無くしたときはこの方法知らなかった・・)

icloud にアクセスして

Apple ID とパスワードを入力して

上部の「すべてのデバイス」から位置情報を知りたいiPhoneを選択すれば

位置情報が分かります。

パソコンなどの別端末があるなら icloudを使って探す方が楽だと思います。

紛失モードで拾った人に連絡先を伝えられる

紛失モードをクリックすると

連絡先とメッセージをiphoneの画面に表示できます。もし誰かが拾ってくれた時連絡をくれるかもしれません

紛失モードにするとiPhone側ではこんな風に表示されます。

メッセージは「謝礼で○○円お渡しするので○○まで届けてください」とか「交番に届けてください」でも良いと思います。

パスコードを設定してない場合、紛失モードをオンにすることでパスコードの設定をすることができます。iPhoneの中身をみられるリスクもあるので紛失モードは個人的に必須です!

近くに来ても見つからなければサウンド再生をしてみよう

「iPhoneを探す」には「サウンド再生」というiPhoneから音を鳴らす機能があり近くに来たけど見つからないという場面で役に立ちます。

どんな音が鳴るかというと↓の動画のような音です。

目覚ましのアラーム音とも違う聞いたことのない音が鳴ります。結構大きいので近くにいればかなりヒントになるんじゃないかなって思います。

「iPhoneを探す」がオンになっていることを確認しておこう

ここまで「iPhoneを探す」の使用方法についてご紹介しましたが

「iPhoneを探す」を利用するには設定のデバイス情報にて「iPhoneを探す」がオンになっていなければいけません。

事前にオンになっているか確認しておきましょう。

まとめ

以上がiPhoneとiCloudからの「iPhoneを探す」の使用方法についての紹介でした。

「iPhoneを探す」を使ってすぐに見つかればいいですが時間がかかりそうなら、すでに誰かが拾って届けてくれている可能性もあるので交番に行って遺失物届は出すようにしておきましょう。

だれでも「iPhoneを失くしたかも!」てなったことはあるとおもうので一回「iPhoneを探す」を使ってみると良いですよ。

本当に無くしたときに少しは落ち着いていられるはずです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です