運営報告

デイリーポータルZの「春のライター講座」に参加しました

ブログ書いてたら文章力つくみたいな話あるじゃないですか?

けど1年半くらいブログ運営してみて「ブログだけじゃそんなに文章力ってつかなくね?」と思っていて。書くことには慣れるけど、「伝わりやすい文章」とか「面白い文章」みたいな技術面は向上しにくい。

それはブログは自己満で完結してしまうから、フィードバックを受けることがないから、だと思います。そんな、文章を上手に書けるようになりたい。文章力にコンプレックスがある僕はこの春、デイリーポータルZの春のライター講座に参加しました。

デイリーポータルZの春のライター講座とは

デイリーポータルZの方に編集に入ってもらい、ブログ記事を1記事書く通信講座です。

  • 参加無料
  • ネタだし、記事構成、文章などいろいろアドバイスあり
  • Facebookグループでやり取り
  • だからどこに住んでても参加できる
  • 掲載するのは自分のブログ
  • 出来によってはデイリーポータルZにも掲載される
  • なのに参加無料

という内容の講座です。

募集ページにあった言葉を丸パクリすると「デイリーポータルZの新人ライターにしているのと同じやり方で記事を1本仕上げていく」通信講座です。

しかも無料。すごい。デイリーポータルZの人に編集に入ってもらい記事が書けるなんて!デイリーポータルZ自体知らないという人はリンク張っとくので見たらいいと思います。

デイリーポータルZ

けどぶっちゃけ参加するまでデイリーポータルZ自体そんなに知らなかった。

すごい!とか言っておいてアレだけど、実を言うとこのライター講座に参加するまでほとんどデイリーポータルZのことは知りませんでした。かなり前からあるwebメディアなんですけど、僕って2018年の頭くらいからインターネットを始めたじゃないですか?(それ以前はweb記事読んだことない。動画ばっか見てた)だから、そもそもweb媒体もwebライターもほとんど知らなかったんです。オモコロもARuFaさんもヨッピーさんも割と最近知った。

そんな「にわか」でもない状態の時にたまたまデイリーポータルZのページを開き「春のライター講座」を見つました。ちょうどその時、僕は文章力をつけるために誰かに記事を添削してもらいたいと思っていたので「よくわからんけど、参加してみよー」って感じで応募しました。

したら当選しました。ラッキー。

ネタ会議への参加は刺激的だった

当選後はFacebookでグループを作りやり取りをします。ライター講座の参加者は僕を含め7名。はじめ自己紹介しつつ自分の過去記事を上げるみたいな流れがあったのですが、普通にデカい媒体で書いてる人いてビビりました。うらやましい。あと、みんなデイリーポータルZを昔から読んでる人のようで、若干「にわかですみません」状態でした。

自己紹介後はネタ会議→記事用の撮影→記事構成→執筆という流れで進んでいき、ネタが決まったり、撮影する時だったり、構成を考えたりしたらその都度グループチャットに投稿してきます。

自分の中で刺激的だった1つがネタ会議。オンライン上でビデオ通話で全員と会議するのですが、石川さん、古賀さん、安藤さんなどのデイリーポータルで活躍してる方とお話しする機会となり感動でした。(ネタ会議時点ではあんまりデイリーポータル自体あんま知らなかったので後々感動しました)

まあその面々も刺激的だったんですが、それよりも他の参加者の考えたネタを聞くということが刺激的でした。普段ネットで見る記事はすべて完成形なわけで、出来上がるまでのプロセスを見ることはありません。だからそのプロセス、中でも記事の源流であるネタ出しを聞けたのは学びが多かったです。

ネタが思いついた時点で他の人の聞いてもらうことは記事化したときにウケるかどうかも少し想定ができるようになるし、何より言葉として話すことで自分の中でネタを具体化できます。

自分の考えたネタ発表して「クソつまらん」とか言われたらどうしよう~という不安も正直ありましたが、デイリーポータル自体に否定的なことを言わない風土があるようでポジティブな意見ばかりが飛び交っていて楽しい会議になりました。

というか全員面白そうなネタ考えてて感心しました。「みんな変なこと考えてるんだな~」と思えたことで自己肯定にもつながりました。

自分が書いた文章のフィードバックをもらうのは嬉しい

ネタも決まって撮影も終わった後いよいよ記事を書くことになりました。

もうね。すんげ~時間かかりました。今までと比べ物にならないくらい何度も見直しまくりました。だってその記事、他の参加者も見るし何よりデイリーポータルの人たちにも見られるわけですよ。緊張じゃないですか。「ツマラネー!」って言われたら死にたくなるじゃないですか。

けどもうこれ以上どうしたらいいのかわからなくなったのでいったん完成ということでグループに投稿しました。ちなみにGoogledocumentに書いて投稿します。そしたら

めっちゃ修正頂きました!いや自分でもこのままじゃダメだろうな~とは思いつつ投稿はしたのですがまさかこんなたくさんとは!みたいな驚きがありました。

添削されるのを期待して参加してるんですけど、やっぱいざいろいろ指摘されるとちょっとへこみます。とはいえ、もう本当にごもっともな修正内容ばかりでただただ勉強になりました。自分が懸念してたところは案の定、修正されてたり、その修正後の分を読んで表現方法の仕方に感激したり、フンフン頷きながら修正点を読み返しまくりました。

あと投稿する前に何度も読み返したのにめちゃめちゃ誤字を指摘されててそこは単純にめっちゃ恥ずかしかったです。

そして少し経った後、修正点を参考しつつ構成も変えたり、文章自体も変えたりしてもう一回投稿しました。

だいぶ修正点へりました!思い切って構成を変更した部分をほめてもらえたのがすごくうれしかったです。

第1稿に比べると大きな修正点もなくなりだいぶ完成が近づいてきました。

そして第3稿。ついて修正点が1つに!そこを修正して完成となりました!

ここまで1つの記事と真剣に向き合ったことがなかったので達成感がハンパなかったです。

完成してブログに投稿した記事はこちら
https://kita-samu.com/yukidoke-mattress/

ライター講座は自分にとってプラスしかない

3月下旬くらいにグループができて記事を自分のブログで公開できたのが8月上旬。かなりゆっくりとしたペースでフィードバックやアドバイスを受けながら丁寧に1記事を作りました。

時間掛けただけあって第1稿と比べると完成した記事はかなりクオリティが上がったと感じています。同じ趣旨の記事を書くにしても表現方法、構成など変えることで読みやすさや面白さがこうも違うかと実感しました。

自分だけのじゃなくて他の人のフィードバックの内容も見れるので本当に学びが多かったです。いや〜参加してよかった。今後また開催されるかは知らないですけど、おすすめですよ。

まだ完成してない人の方も多いので、他の作品が読めるようになるのも楽しみです。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です