Amazon

オーディブルを通勤で使った感想-ビジネス書は便利だけど小説はイマイチ

最近話題になっている「聞く読書」ことオーディオブック

隙間時間や何かしながら学習ができるということで気になっている方も多いのではないでしょうか。

中でも毎日の通勤時間をオーディオブックで学習の時間にあてられたら効率いいですよね。

私も気になっていたので、Amazonのオーディオブックサービスの Audible(オーディブル)を無料体験を利用してみました。

今回は実際に通勤時間に Audible(オーディブル)を利用していた感想をお伝えしていきます。

ざっくりお伝えするとストーリ性のある小説は向かない、断片的に聞いても学習になるビジネス書や語学系の本は向かないといった感じでした。

AmazonのAudible(オーディブル)とは

Amazonが提供してるオーディオブック

いわゆる読む本ではなく「聞く本」です。

ビジネス書・小説・語学系・洋書・落語など多彩なラインナップがありパソコンはもちろんスマホでも持ち運び可能。

家事に移動に忙しいけど耳は空いてるってことありますよね。そんな時にオーディオブックは「○○しながら学習ができる」ので効率よくインプットができます。

声優や俳優の方が朗読をしているので聞き取り安いものが多く声フェチの人は聞くだけでも楽しいかもしれません。ちなみに私が聞いた「日の名残り」は人気俳優の田辺誠一ですからね。なんかいいよね。

月額はちょっとお高めの1500円

オーディブルの月額会員費は1500円とちょっとお高め。ただ

  • 毎月ボイスブック1冊と交換可能なコインが1つもらえる
  • ボイスブックが通常の30%offだ購入できる
  • 気に入らなければ返品可能

といった特典があることを考えればそこまで高くはないです。だってコイン1枚で1500円より高いボイスブックと交換できちゃいますからね。それだけで元がとれちゃいます。

しかも無料体験でもコインが一枚もらえて好きなボイスブックと交換可能。さらに無料期間が終了して退会しても交換したボイスブックは自分のものにできるのでAmazonさんマジ太っ腹です。

オーディブルの会員じゃなくてもボイスブックを買うことができますが返金できないしオーディブル会員よりも30%高い金額で買うことになるので1冊でも買うなら会員になってしまった方がよいでしょう。

スマホやPCで使用可能!さらに音声の速度も調節可能!

iOS、android、Windows10でオーディブル専用アプリがリリースされているのでどこでもボイスブックを持ち運ぶことができます(kindle端末に対応はしてないです)

しかもどの端末で再生しても続きから自動で再生されるようになっているので、自宅でパソコンで聞いて続きをスマホで聞くなんて使い方もできます。

さらに嬉しいのが速度調節ができること。利用環境によって異なりますが

  • ブラウザ→0.75x~3.0x
  • iOS→0.5x~3.5x
  • windows10→2.5x~4.0x

の範囲で速度変更できます。

速聴の特訓になるし語学系なら低速や高速で聞くことでリスニングの学習にもなるので速度調節機能はうれしいですね。

わりと朗読スピードがゆっくり目なので2倍速くらいまでは誰でも聞き取れると思います。

通勤時の学習としてオーディブルを使ってみた

普段は音楽を聴いて通勤してますがやめてオーディブルで本を聞くことにしました。

通勤と帰宅時の2回に分けて1日合計30分使ってみたところボイスブックに向いてるジャンルと向いてないジャンルがあると気付きました。

ストーリー性がある小説はなかなか記憶に残らない

最近はビジネス書ばかり読んでいたのでオーディオブックでは小説を楽しもうとカズオイシグロの「日の名残り」を聞いてみました。

で実際、聞いてみた感想としては

  • 話のつながりを覚えておくのしんどい
  • 言葉の表現が難しい

こんな理由で小説はオーディオブック向きじゃないなと感じてます。だって全然話覚えてないですもん。

通勤・退勤の細切れの時間を使って聞く場合、ストーリーを覚えておくのが思ったより難しかったです。退勤時に通勤時の途中から聞き始めても「あれどこまで聞いたっけな?」みたいなことが多くて、話の流れを見失いまくってました。

その度にチョット戻って話の内容確認したりして結局話自体はあんまり進んでないみたいな、紙の本ならパラパラっと前のページをめくればだいたいストーリを思い出せるのになぁなんて思ってました。

それと言葉の表現が難しいのも小説がオーディオブックに向かない理由の1つです。

意味の分からない言葉が出た時、紙の本ならすぐにググれますけど声だとどんな漢字で書くのかもわからないからなかなか調べずらいんですよね。

こんな理由でストーリーを覚え続ける必要があったり難しい表現が出る小説はオーディオブックには向いてないと感じました。

断片的に学習できるビジネス書・語学系の本は気軽に聞ける

っで次に聞いてみたのがビジネス書。メンタリストDAIGOの「自分を操る超集中力」を聞いてみました。ウィッシュウィッシュ

これはかなり良かったです。本自体の内容ももちろんですが単純に頭に入ってきやすい、難しい表現がないし断片的な内容を覚えるだけでも学習になるので小説の時のような「あれどこまで聞いたっけな?」ってことがほぼありません。

ストーリ性が重視されてないから第何章から聞いても話についていけます。これがすごく良くて、どこまで聞いたかあんまり気にしなくて良いから継続して本を聞くことができました。

あと語学系も相性がよいですね。断片的に内容を覚えるだけで学習になるし何より速度を低速にも高速にもできるのでリスニングにはかなり向いていると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です