書評というか備忘録

あなたはどう?「20代にしておきたい17のこと」が2つしかできてないんだけど

20代にしておきた17のこと

20代に向けられた自己啓発本は多い。

「20代に伝えたい50のこと」「「20代で知っていきたいお金のこと」「20代で捨てるべき50のこと」などなど・・・

20代やること多すぎるだろってくらいある

全て読もうと思ったら読み終わるころには20代が終わっているだろってくらいある。それくらい多い。

そんなかずある20代向けの自己啓発本の中で私が選んだのが本田健さんの「20代にしておきたい17のこと」だ。

本の内容はタイトルの通りで17のことを20代にすればその後に人生超イージーだぜ!って内容だ。

確かこの本を読んだのは兄にすすめられたことがきっかけだった気がする。

「なるほどこの17つを実行すれば成功者になれるのか。すぐにでも実行に移そう」と読み終えた私は思った。

当時22歳だった(多分)

そして私は現在24歳。本を読み終えてから2年が経った。

ふとダンボールを整理しているとこの本が出てきた。

そして久しぶりに読んでみて驚いた。「17のこと」が全く実現されていないのだ!

それもそのはず、この本を読んだことも内容もすっかり忘れていたからだ。

現状と照らし合わせると確実に達成できたといえるのは17個中2個。

打率でいえば1割1分7厘、少年野球でも戦力外通告レベルだろう。

本は読むだけではダメだ。読んで実行して初めて身になるのだ。

幸いまだ24歳。30代まではもう少し時間がある。

ぜひとも17つのことを実行して華々しく巨万の富を得た30代を迎えたい。

そのためはまず現状を受け入れることが大事だろう。

そこでこの記事で17つのうちどれが実行できてどれが実行できていないか明確にしておき、今後何をするべきなのかを明確にしておこうと思う。

ぜひ20代のあなたにも現在の状況と照らし合わせて17つのうち、いくつ実行できているか答え合わせをしてみてほしい

①人生最大の失敗をする

人生で早いうちに大きな失敗すると、あとはプラス勘定になります。逆に最初から失敗しないように、安全な道ばかり選んでいると、失敗もない代わりに、何のドラマもない人生になってしまいます

リスクを冒して失敗することは20代でできる、一番の財産です。将来、「目を見張るような活躍」をするためには「目を覆うような失敗」を恐れないことです

さっそく実行できてない。

ニートやってたり免停なったとかスマホをひと月で2回なくすとかちっさい失敗ならあるけどなんか弱い。

この場合の失敗って「借金1000万ありました!」「会社作ったけど潰れました!」みたいなスケールな気がする。

失敗談って面白いけど武勇伝みたいに話すとウゼーからなぁ。

よくよく聞いてみたらすっごい大きい失敗してましたってのはあこがれるけどわざわざ自分から失敗しに行きたくはないかな。

けどリスク恐れて行動できないのはダサいからそこは行動することは心がけようと思う。

②大好きなことを見つける

大好きなことが見つからない、特に思いつかないという人は、子供時代を振り返ってみましょう。

心が自由だった子供時代に、あなたの大好きなことを見つけるヒントが眠っていることが多いので す。

30、40代と歳を重ねていくごとに執着などの心の感度が弱くなっていくらしい

だからこだわりがはっきりしている20代のうちに「どうしてもあきらめられない!」というぐらいのエネルギーを感じておけよというもの。

ん~。小さいころを思い出しても今に繋がりそうなことや繋がっていることって思いつかないな~。

あ~でもブログは結構好きかも?半年つづいてるし?ん~微妙だ。

③一流のものに触れる

「人生は自分が触れたものになる」と私は考えています。

三流のものに囲まれて、三流のものに触れていたら、三流になる。一流のものに囲まれて、一流のものに触れていると、やっぱり、一流に近づいていくようになります。

これは全然ダメ。

一流だなって人に全くあってない。一流の人ってどこにいるの?「一流の人紹介所」があればいくんだけどな。

成長していくうえで周りの環境ってのはすごく大事だと思うからもっとブロガーとして上を目指すならトップブロガーにTwitterでアピールしたり流行りのオンラインサロンに入ることが簡単な環境の変え方だったりするのかな。

手軽にできるTwitterはもっと頑張ろう。自分

④人生を100パーセント楽しむ

楽しんで生きるということは、頑張っていたり、気合いの入った状態ではありません。目の前のことを純粋に心から楽しんでやっている状態です。

これはハードルが高いよ~。

「好きでやってたら気がづけば出世してた!有名になってた!」みたいな事だと思うけど、なかなかできないよね~

ブログしかりだけど、「毎日のように作業してる自分頑張ってる!」って思うからこれには当てはまらないもんな~

よし!いろんなもの手を出して全力でできるもの探していこう!

⑤死ぬほどの恋をする。

将来どうなるかは関係ない、ただ相手に向かって走るという体験を持つこと。それはあとになってとても幸せなことだったと気づくでしょう。

付き合えてるかどうかは関係なくて自分のハートをオープンにして恋してるかい?ってことなんだけど、これは達成できてるかな。好きな人と付き合えてるし。

著者の本田さんが20代のとき60代、70代に「これまでの人生で一番後悔していることは何ですか」ということを聞いて回った時一番多かったのが「死ぬほどの恋をしなかったこと」だったそうです。

好きな人がいる人は今から告りに行ってください

⑥一生付き合える親友を見つける

「親友」の定義は、今持っているものをすべて投げ出してもいいから、その人のところに駆けつける、その人を助ける、というようなことができるかどうか。

これもむずい!

地元の友達は仲良いけど、「すべて投げ出してもいいから」って聞かれるとすぐには「yes」とは言えないかな~

歳とるにつれて疎遠になってく可能性もあるしせめて関係が続けれるようにはしておこう。

⑦両親と和解する

父親と和解できていると、キャリアを積んだり人生でさあ何かをやろうというときに、感情的な抵抗が少なくなります。

母親と和解できていると、いまの自分を受け入れることが楽になります。創造性を育んだり人生を味わう楽しむということが自然にできるようになるのです

別に両親とバチバチしてもないしクリアしてるっちゃしてるけど、腹割って何でも話せるかっていうとそうでもないというか・・・

意識して実家に帰るようにはしてるけど、もっと仲良くなれるようにしよう。親孝行とかしていきたいね。

⑧自分のルーツを知る

自分に最適な選択をするためにもルーツを知ることは大切だと思うのです。~中略~

きっと、そこから一生を通じて情熱を傾けられる何かが見つかることでしょう。

自分の過去とか振り返ってもあの時のあれが今に生きてるって感じあんまないんだよなー

ジョブズの大学中退後も自主的に大学で「カリグラフィ」学んだことが後のマックのフォントへのこだわりにつながるみたいな伏線回収できる人生にしたい。

ジョブズみたなスピーチ最終的にしたいわ。

ルーツ探るためにも身内がどんな人生だったかを両親に聞いてみようかな。そうすれば⑦にもつながるだろう。

⑨才能のかたちを知る

20代こそ、好きなものにはどんどんのめり込んでいってほしいと思います。嫌いなものは辞めたらいいのです。

これまた感性が鋭い20代のうちにいろいろやって自分の好きなものあっているものを見極めろっていうやつだ。

わりとあれこれ手を出しては飽きるタイプだからこれは達成できてるかもしれない。けどのめりこむものは見つかってない。

本書では「石の上にも三年というけど違うと思ったら飛び降りましょう」的なことも書いてあるから思考停止して惰性で続けず違うと思ったらガンガンやめてはまた初めてを繰り返そうと思う。

⑩専門分野を持つ

自分ではそうは意識しなくても、何か自分の好きなことを見つけ、そこで100パーセントの力でやっている人は、結果的に違う世界に移ったとしても、大きくなっていくということがあるように思います。

「④人生を100パーセント楽しむ」と通ずるところがあるけど何かで全力になれる人は他のジャンルでも全力になれるというから、自分が打ち込めるものを見つけられるようにしたい。

そのためにも「⑨才能のかたちを知る」が大事になってくるな。

⑪メンターを持つ

「 メンター」とは、自分の人生がよりよくなるサポートをしてくれる人です。若くして成功しても、すぐにダメになる人は、いいメンターを持っていない人です。逆に、安定的に成功している人は素晴らしいメンターがいます。

これはいない。

「ノマド」が世間に広まったあたりからよく聞くようになったが気する「メンター」

確実に「メンター」は自分で探すものですが見つからないので絶賛募集中です。我こそはっ!という方、Twitterからメッセージください。

⑫人生が変わる本と出合う

20代では、自分の人生は自分が主人公だということに気づく、そんな良書に出会ってほしいと思います。

これもないかなー

ちなみに著者の本田さんはアンドリュー・カーネギーの「富の福音」が特に影響があった本らしい。

わたしも「富の福音」をよんでみたけど人生変わった感は今のところない。

富の福音
「富の福音」から学ぶ富豪の在り方と義務【書評と要約】世界的な大富豪ビルゲイツやウォーレン・バフェットも愛読しているという名著「富の福音」の気になったところをピックアップして紹介していく。 ...

人生変わりそうな本あれば教えて下さい(良い方向にね)

⑬質問力を鍛える

幸せな成功者は、自分に実によく考えられた質問をします。「このピンチから学べることは?」「このピンチから脱出する方法は?」など本人がワクワクして行動できる質問をするのです。

これはブログ始めたおかげで結構できてる気がする!

ついてなかったり、嫌なことあっても「これをどうやってブログ記事にしようかな?」みたいな思考になった。

今までだったら「なんで自分はこんなについてないんだろう?」ってなってたからこれは進歩!

⑭お金と時間の管理を学ぶ

お金を使うとき、時間を使うときに、意識して、「これはそのうちに帰ってくるかな?」というふうなことを考えておくことです。

これはいわゆる「投資」か「消費」かというあれだ。

ただ無駄に時間をお金を使えば「消費」そのうち自分に返ってきそうなら「投資」

これは非常に微妙だ。

「これは投資だ・・これは投資だ・・これはブログに記事になるんだ・・」と無理やり言い聞かせて外食してブログ書かないことがある。

もうこれは完全に「消費」だろう。

「投資」という大義名分のもと「消費」を正当化している自分がたまにいるのでこれは反省だ。

あなたにも十分気を付けていただきたい。

⑮没頭できる趣味を持つ

人生の意味を考えたとき、趣味はとても大事な輝きを持ちます。なぜなら、人生は「楽しむためにある」からです。

「②大好きなことを見つける」「④人生を100パーセント楽しむ」と似たようなところ。

②も④も達成できてないのでこれも未達成だろう。

没頭とまではいかないが現在の趣味は「ブログ」だろう。

趣味が仕事になるということもあるのでひそかにブログが仕事につながることを期待している。

⑯異文化に触れる旅に出る

新しい文化や人に触れることで、刺激を受け、自分が知らなかった世界を体験するにつれ、自分の意識も広がっていきます。

日本であれば全国たくさん旅をしたことがあるので、そういった意味では地域による違いを肌で感じたことはある。

けど本書でも推奨している「海外に住む」という経験はないので微妙なところだ。

「住む」とまでいかなくても海外を「旅する」という経験は20代中にしておきたい。

⑰運について学ぶ

力強く生きていく人は、運の悪さを跳ね返せるのです。だから、目の前の出来事に、一喜一憂しないことが大事です。

最近は人には運の良し悪しがあるし「運が良い」と思っている人には良いことが起こるような気がしている。

スピっぽいけど何だかそう感じる。

さらに運には

  1. 上から引っ張り上げてもらう運
  2. 横から支えてもらう運
  3. 下から持ち上げられる運

があるらしい。

私は自分一人でやろうとするタイプなのでこの3つの運を完全に扱えていない。

もっと人とかわかって成長していかないといけない。

まとめ:30代に後悔しないような20代をおくるぞ

17つのうち確実に達成できてるといえたのは2つだった。

めっちゃ少ない。

あなたはいくつできていましたか?

17つに近づければよい感じの30代をむかえれるっぽいので一緒に頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です